ホーム > 事業案内 > 教員免許法の特例による介護等体験事業

教員免許法の特例による介護等体験事業

平成10年度から、小中学校の教員免許を取得する場合に、社会福祉施設(5日間)および特別支援学校(2日間)において合計7日間の介護等体験を行うことが義務づけられました。これに伴い、東社協では、社会福祉施設における介護等体験について、施設と大学(学生)の調整を行っています。

大学担当者用

教員免許法の特例による介護等体験事業 様式

※「介護等体験マニュアルノート」については下欄を参照

施設用

教員免許法の特例による介護等体験事業 様式

教員免許法の特例による介護等体験事業 参考

社会福祉施設における介護等体験受け入れのポイント (10,302KB)
参考資料:平成21年3月発行

学生用

「介護等体験マニュアルノート」

「介護等体験マニュアルノート」NEW

【DVD】「実りある5日間へ ~社会福祉施設での介護等体験~」

【DVD】「実りある5日間へ ~社会福祉施設での介護等体験~」

お問い合わせ先

部署名:東京ボランティア・市民活動センター 介護等体験係
電話番号:03-3235-1171

 

事業案内

 

ページの先頭へ