調査・提言
上の項目を選択してクリックしてください。
福祉の動き
※下記の分類・地域区分・発行年を入力し、検索ボタンを押しますと情報の絞り込みが可能です。
分類
発行年(西暦) 月 フリー検索
分類 内   容
2017年
4月20日
障害者
2017年
4月20日
災害関係
2017年
4月19日
災害関係
東京都練馬区は地震などの大規模災害に備えて、介護を必要とする高齢者や障害者らを対象とする安否確認の体制づくりを始めた。このほど、区内に約1020ある介護サービスの事業所、約200ある障害者福祉の事業所のそれぞれの事業所連絡会と協定を結んだ。都内の自治体が障害者福祉の事業所と支援協定を結ぶのは初めてという。(2017年4月19日日本経済新聞記事より)
2017年
4月19日
資格取得
厚生労働省は、保育士、介護福祉士、看護師など12の医療・福祉分野の国家資格などについて、養成課程の一部を共通化する方針を固めた。保育や介護分野などへの労働力の移動を容易にすることで、人手不足が懸念されている福祉人材を確保するのが狙い。(2017年4月19日読売新聞記事より)
2017年
4月17日
高齢者
2017年
4月17日
高齢者
地域福祉
セブン‐イレブン・ジャパンは団地の住民向けコンビニエンスストアを開発する。団地内に出店し、電球交換といった身の回りの悩みに対処するサービスを提供する。団地は郊外に立地する例が多く、買い物などに悩む高齢者も増えている。食事宅配などのサービスを充実し、生活インフラとして住民を支える。(2017年4月17日日本経済新聞記事より)
2017年
4月17日
その他
2017年
4月16日
子ども
文部科学省は今年度、経済的困難を抱えた世帯が多い地域を中心に、子供の読書機会を増やす試みに乗り出す。ボランティアによる読み聞かせなどを支援し、所得の低い世帯ほど本に触れる機会が少ない「読書格差」の是正を目指す。(2017年4月16日日本経済新聞記事より)
2017年
4月15日
地域福祉
2017年
4月14日
災害関係
熊本地震の発生から14日で1年となる。震度7の揺れを2度観測した未曾有の災害で、熊本・大分両県の住宅被害は約20万棟、災害関連死を含む犠牲者は225人となった。熊本県では3月末現在で4179世帯が応急仮設住宅に暮らし、県が民間賃貸住宅を借り上げる「みなし仮設」に1万4621世帯が入居する。(2017年4月14日朝日新聞記事より)

ページの先頭へ