社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 東京都福祉人材センター > 「フクシを知ろう!おしごと体験」体験者の声

「フクシを知ろう!おしごと体験」体験者の声

「フクシを知ろう!おしごと体験」体験者の声

東京都福祉人材センターでは、小学5年生~高校生を対象に、夏休み期間中に都内福祉施設で仕事を体験できる「フクシを知ろう!おしごと体験」を実施します。
参加しようかな、どの分野の施設にしようかな、どうしようかな・・・と、迷っているみなさん、昨年の体験者の感想をいくつか紹介しますので、ぜひ参考にしてください。
ご応募をお待ちしてます!

「フクシを知ろう!おしごと体験」の詳しい情報を見る

小学生の声

小学5年生
高齢分野
利用者の方や職員の人が楽しそうにやっていた。にんちしょうの人とコミュニケーションをとるのがむずかしいけど、笑顔でうれしいことをいわれると毎日たのしく仕事ができる。
おじいちゃんおばあちゃんは、みんな楽しそうな顔をしていました。福祉の仕事をしてる人が支えているからだと思いました。 小学6年生
高齢分野

初めは不安

体験に来る前は、老人ホームでのお仕事は大変そうだな、1日だけで十分だ、と思っていましたが、あっという間に終わってしまい、職員の方やお年寄りの方と別れるのがとても寂しく、まだ居たいなと思いました。 高校2年生
高齢分野
高校3年生
障害分野
言葉でコミュニケーションがとれない方は、手話やジェスチャーでお話される方が多くて何を言っているのかわかりませんでしたが、職員さんがいることで理解できました。あたたかい環境で、いいところだと思いました。
自分から園児の皆さんに話しかけるのには勇気がいりましたが、皆さんが積極的に私に話しかけてくださり、少しずつ関わることができました。話すだけでも緊張したのに、注意や指導をされていた施設の皆さんは素敵だと思いました。 中学3年生
児童分野

イメージと違っていたこと

福祉の仕事は長時間労働できついというイメージがあったのですが、とてもあたたかくなごやかで休憩もとれたりすると聞いたので、見方が変わりました。 高校2年生
高齢分野
高校1年生
高齢分野
勝手に、高齢者はあまり元気ではないというイメージを抱いてしまっていたのですが、実際には全然違くて、綺麗にハモって合唱していたり、とても元気に活躍されている姿を見れたこと。
障害者施設は、もっと体の動けない人がいるのかなとか、会話できないのではないかとか、暗い雰囲気ではないのかというマイナスのイメージしか持っていなかったのですが、今日の半日で、何の助けもなく1人で歩いている人がいたり、会話したり、施設のお手伝いを通じて、プラスの明るいイメージに変換することができました。 高校3年生
障害分野

仕事の魅力や意義を感じたところ

高校2年生
高齢分野
職員さんから、ご利用者さんに「ありがとう」と言われた時や、出来なかった事が出来るようになった時にやりがいを感じるという話を聞いた時に本当に魅力のある仕事だと思いました。
利用者の方の保護者の方々から要望を聞き、それを、人と人のふれあいの中でできるようにするのは、とても魅力的だった。 高校2年生
障害分野
高校2年生
児童分野
遊びながらも、小さい子と一緒に「あれができた!」「これが作れた!」という喜びを共有するのが、嬉しかったです。福祉の仕事と聞くと、つらいというイメージがあり、もちろん楽しいことばかりではないとは思うけど、誰かと喜びを共有できる魅力があると思いました。

おしごと体験で学んだこと、発見したこと

中学2年生
高齢分野
ベッドの高低や食事のやわらかさ(普通のもの、刻んだもの、ゼリー状のもの)などを高齢者の方々の1人1人に合わせていることが分かり、とても大変だと思いました。でもその分、利用者の方も楽しそうにしていたので、私もやりたいと思いました。
利用者さんによってはスプーンの形が違うことに驚いて感動した。 中学2年
高齢分野
中学3年生
高齢分野
施設に入居されている方には、色々な方がいらっしゃることがよく分かりました。だから、とてもコミニュケーションは難しいけれど、その人に合ったコミニュケーションをとれるようになりたいと思いました。
基本は、障害のある方々自身が仕事を行うことのできるようにして、確認や難しい仕事は行う様子を見て、障害者の方の可能性を信じているのだと思った。 中学3年生
障害分野
高校1年生
児童分野
子どもたち1人ひとりがそれぞれ自分のやりたい遊びをしているところを見て、普通の子供と全然変わらないんだなと思いました。(放課後等デイサービス)
何でも教えるのではなく、自分で出来る事は自分でやる事、自由さから自立性、社会性が身につくんだと思った。 高校2年生
児童分野
高校2年生
児童分野
実際に子供と遊んでいるときに、楽しみながらも、まわりに注意を向け、けんかをしていたり、危ないことをしていたらちゃんと注意しなくてはいけないことが印象にのこった。楽しむだけではないのだと感じました。

「フクシを知ろう!おしごと体験」の詳しい情報を見る

お問い合せ先

部署名:東京都福祉人材センター 人材対策推進室
電話番号:03-6261-3925

東京都福祉人材センター

ページの先頭へ