社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 地域のニーズにこたえる > 各地域の取組み > 北区社協主催「社会福祉法人の社会貢献事業を考える」講演会・情報交換会

各地域の取組み

北区社協主催「社会福祉法人の社会貢献事業を考える」講演会・情報交換会

社会福祉法人北区社会福祉協議会(北区)

住民や地域のニーズが多様化するなか、施設や法人単独では解決が難しい課題が増えてきています。また、社会福祉法人のあり方をめぐる検討がすすめられ、地域で必要とされる役割を果たしていくことが求められています。平成27年2月9日、北区社協が区内に法人本部又は施設・事業所がある法人を対象に、「社会福祉法人の社会貢献事業を考える」と題し、講演会及び情報交換会を開催しました。

福祉広報2015年03月号

まずはじめに、全国社会福祉法人経営者協議会総務委員長・社会福祉法人中心会理事長の浦野正男氏が、慈善事業にさかのぼり、社会福祉の歴史に触れ、法人を取り巻く環境の変化や動向について講演しました。「今、問われているのは個々の社会福祉事業ではなく、社会福祉法人そのもの」と投げかけ、論点は「制度ビジネスだけではなく必要とされる取組みをしていけるかと、公益性の高い組織として自己規律の高い経営ができるかの2つ」と説明しました。その上で「社会福祉法人は、地域社会の地域社会による地域社会のための組織」と表現し、評議員会設置による地域社会との連携強化の促進や、地域公益事業の取組みの必要性などを強調しました。

つづいて、参加者による情報交換では、北区社協の事務局長と事務局次長が2グループの進行役を務め、参加者は保育・障害・高齢等の各事業内容や、取組んでいる社会貢献事業等の状況を紹介しました。地域包括支援センターと連携したサロン活動、学童保育終了時間後の受入れを行う保育園の他、ニーズ把握のために地域の方々との交流を検討している状況等が話されました。

また、参加対象の32団体に対する事前アンケートの結果が示されました。社会貢献事業を、「実施している」が8、「検討中」が6、「検討予定」が11団体あり、具体的な取組みも報告されました。今後「北区社会福祉法人連絡会」として社協が情報交換会の開催を検討していることについて、「日程があえば参加」が16、「検討中」が6団体ありました。「地域の社会貢献の発展のために法人間のネットワークの構築は欠かせない」等、地域での協働、連携に期待する意見も出されました。

北区社協では、区内の社会福祉法人や施設との連携を図りたいと考え、プロジェクトチームを作って検討してきました。今の動きをチャンスと捉えて、「来年度から社協としてネットワークを作り、各法人の強みを出して全体として取組める事業をやっていきたい」と提案がなされました。地域における社会福祉法人の連携の第一歩が踏み出され、今後の進展が期待されます。

 

社会福祉法人北区社会福祉協議会

〒114-0021 北区岸町1-6-17
TEL:03-3906-2352
http://kitashakyo.or.jp/
 

各地域の取組み

地域のニーズにこたえる

社会貢献活動の取組み事例を募集しています

地域公益活動の普及啓発パンフレット

東京都地域公益活動推進協議会への加入申込はこちら

はたらくサポートとうきょうへの登録はこちら

ページの先頭へ