社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 地域のニーズにこたえる > 各地域の取組み > 「社会福祉法人の地域貢献」学習会が開催されました ~世田谷区社会福祉協議会の取組み

各地域の取組み

「社会福祉法人の地域貢献」学習会が開催されました ~世田谷区社会福祉協議会の取組み

世田谷区社会福祉協議会(世田谷区)

世田谷区社会福祉協議会は平成27年11月30日、東北福祉大学大学院教授・公益財団法人テクノエイド協会理事長の大橋謙策さんを講師に迎え、世田谷区内に法人本部がある社会福祉法人を対象として、「社会福祉法人の地域貢献」学習会を開催しました。

平成28年1月4日掲載

東京都内では、区市町村社会福祉協議会が地域内の社会福祉法人に呼びかけ、ネットワーク化に取り組む地域が増えてきました。このようななか、世田谷区社会福祉協議会が平成27年11月30日に東北福祉大学大学院教授・公益財団法人テクノエイド協会理事長の大橋謙策さんを講師に迎え、世田谷区内に法人本部がある社会福祉法人を対象として、「社会福祉法人の地域貢献」学習会を開催しました。

社会福祉法人の連携による取組みに期待

「地域福祉からみる社会福祉法人の可能性―コミュニティソーシャルワークの可能性を考える」をテーマとし、大橋さんは、はじめに「戦前の社会事業を十分継続できなかったことは日本の福祉の問題のひとつ」として、話を進めました。本人が希望を取り戻し、主体的な生活ができるよう支える取組みを「積極的社会事業」、物や住居等の現物を提供する取組みを「消極的社会事業」と説明し、積極的社会事業を継続できなかったといいます。

また、「地域における自立生活の支援が必要な現在、施設は入所者と地域で暮らす人が共同利用するものになっていく必要がある。地域では、施設サービスの一部を利用すれば家族で暮らせる場合もある。また、例えば、分別ゴミの出し方の支援など、地域で暮らすからこそ必要な支援もある等、支援方法や内容が異なることに触れました。そして、「地域で在宅生活を継続するためには、何かあった時に対応してくれるところがあると安心感につながる」と、社会福祉法人への期待を話しました。

さらに、体の具体が悪ければ自ら診てほしいと訪れる『医療』と異なり、例えば、引きこもっている方やいわゆるゴミ屋敷の状態で暮らす方のように、自ら支援を求めてくるとは限らないのが『福祉』。そのようななかで、地域におけるコミュニティソーシャルワークと、潜在的ニーズ発見のセンスと発見のシステム作りの必要性を訴えました。

東京では、区市町村ごとに社会福祉法人が連携して地域のニーズにこたえていくためのネットワーク化が進められていることについて、「地方分権の流れに沿った取組み」としたうえで、「全国の社会福祉法人が横に連携してくれれば、日本の未来が豊かになる」と、社会福祉法人が連携して地域福祉に取組んでいくことへの期待を強調しました。そして、行政が制度として実施する場合と異なり、社会福祉法人はもっと「やってみる」ことが可能と積極的に取組み始めることを後押ししました。

世田谷区内の社会福祉法人と社会福祉協議会の意見交換やアンケートを踏まえて

世田谷区内で社会福祉事業を運営する法人は約100法人あり、その内、法人本部が区内にある法人だけでも46法人と、非常に数が多い状況です。このようななか、世田谷区社会福祉協議会は、今年度、区内の社会福祉法人の連携による社会貢献事業の検討を行うにあたり、まずは、いくつかの社会福祉法人と意見交換をしてみようと、7月と9月に意見交換会を行いました。参加した社会福祉法人からは、下記のような意見がありました。

また、各社会福祉法人を対象に「社会福祉法人『連絡協議会』設置に関するアンケート調査」を実施し、45法人中、38法人から回答(回答率84.4%)がありました。調査結果によると、社会貢献事業の取組みについて、「既に検討している」が7法人、「検討している最中である」が5法人、「今後検討する予定である」が21法人、「検討していない」が3法人でした。また、東社協が「社会福祉法人の連携による社会貢献事業」を推進していることを前提として、世田谷区における連絡協議会の必要性について、「必要」が27法人、「必要ない」が7法人、「回答なし」が2法人でした。

地域福祉を推進するためにネットワークを基盤としたプラットホーム作り

学習会の最後に、世田谷区社会福祉協議会の事務局長から、今後の取組みについて説明がありました。はじめに、社会福祉法人制度改革を契機に、区内の社会福祉法人の方々と一緒に、世田谷区の地域包括ケアシステムの構築に協力し、個々の法人の特性を考慮した地域福祉を推進したいと、基本的な考え方を伝えました。そして、課題解決を前提にした地域福祉の推進を図るために社会福祉法人のネットワークを基盤としたプラットホーム作りが肝要であり、世田谷区内の社会福祉法人による協議会を設置していきたいと呼びかけ、社会福祉協議会として、積極的に役割を果たしていくつもりであると話しました。

 

世田谷区社会福祉協議会

〒157-0066 世田谷区成城6丁目3番10号 成城6丁目事務所棟 4階
TEL:03-5429-2200
http://www.setagayashakyo.or.jp/

各地域の取組み

地域のニーズにこたえる

社会貢献活動の取組み事例を募集しています

地域公益活動の普及啓発パンフレット

東京都地域公益活動推進協議会への加入申込はこちら

はたらくサポートとうきょうへの登録はこちら

ページの先頭へ