社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 地域のニーズにこたえる > 各地域の取組み > 東村山市内社会福祉法人連絡会

各地域の取組み

東村山市内社会福祉法人連絡会

東村山市社会福祉法人連絡会(東村山市)

平成27年7月17日に都内初の社会貢献事業の実施を目的とした社会福祉法人の連絡会である「東村山市内社会福祉法人連絡会(以下、「連絡会」)」が発足して3か月。第1回全体会で選出された幹事・監査役の他、事務局である東村山市社会福祉協議会、オブザーバーとして東村山市地域福祉推進課、東京都社会福祉協議会のメンバーにより、8月から月に1回のペースで幹事会が開催されています。

2015年11月6日掲載

毎月1回幹事会を開催

平成27年7月17日に都内初の社会貢献事業の実施を目的とした社会福祉法人の連絡会である「東村山市内社会福祉法人連絡会(以下、「連絡会」)」が発足して3か月。第1回全体会で選出された幹事・監査役の他、事務局である東村山市社会福祉協議会、オブザーバーとして東村山市地域福祉推進課、東京都社会福祉協議会のメンバーにより、8月から月に1回のペースで幹事会が開催されています。

東村山市内社会福祉法人連絡会 幹事会

事業計画に基づき担当幹事を決めて推進

8月4日(火)に開催された第1回幹事会では、全体会で承認された事業計画に基づき、幹事会のメンバーが役割分担をして具体的な実施案を作成していくことが決定されました。

〔平成27年度事業計画〕

各事業の具体化にむけて

第2回(9月9日)、第3回(10月2日)の幹事会では、具体的な実施案が検討されました。連絡会広報誌は、市民に社会福祉法人を知ってもらうことを目的に発行することになり、第1号では連絡会が発足したことや発足までの経過、連絡会加入法人の紹介をリレー方式で順番に行っていこうとしています。また、加入法人を対象としたアンケートを実施し、把握している地域のニーズや、既に各法人が取り組んでいる地域公益活動の状況、また、今後、地域のために活用できる可能性のある社会資源の状況等も調査する予定です。

そして、この調査結果を踏まえて、地域のネットワークで連携して取組んでいく事業を検討していこうとしています。11月に実施予定の研修会は、主に各法人・事業所の代表者を対象として、「社会福祉法人の現状と課題」をテーマに実施し、2回目の2月は、各法人の職員を対象としていこうと計画しています。地域のニーズに応えて事業を実施していくためには、社会福祉法人をめぐる動向や、新たに発足した東村山市内社会福祉法人連絡会について、実際に現場で仕事をしている職員にきちんと理解してもらうことが重要と考え、職員が集まりやすい日程で実施しようと考えています。

このような検討を進めるなかで、「各法人の取組みだけではなく、連携して取組んでいくことの意義を伝えていく必要がある」「社会福祉法人に行けばなんとかなると市民に思ってもらえる存在になっていきたい」等の意見交換もなされ、共通認識を築きながら一歩ずつ前に進んでいる状況です。

今後の取組みについても、追って情報発信して参ります。


幹事会は社会福祉法人白十字会が地域の福祉活動や自治会活動等の為に無料で提供している「秋津地域研修交流センター」を会場として開催されました

東村山市内社会福祉法人連絡会通信(創刊号)(834KB)

連絡会発足式の様子はこちらから

 

東村山市内社会福祉法人連絡会

事務局(東村山市社会福祉協議会内)
TEL042-394-6333 FAX042-393-0411
E-mail:soumu@hm-shakyo.or.jp

各地域の取組み

地域のニーズにこたえる

社会貢献活動の取組み事例を募集しています

地域公益活動の普及啓発パンフレット

東京都地域公益活動推進協議会への加入申込はこちら

はたらくサポートとうきょうへの登録はこちら

ページの先頭へ