社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 地域のニーズにこたえる > 各地域の取組み > 「中野区内社会福祉法人情報交換会」を開催

各地域の取組み

「中野区内社会福祉法人情報交換会」を開催

中野区内社会福祉法人情報交換会(中野区)

中野区社会福祉協議会(以下、中野区社協)が中野区内で社会福祉事業を経営する34法人に声をかけ、8月4日に「中野区内社会福祉法人情報交換会」を開催しました。当日は、19法人から、理事長、施設長、事務長等26名と、中野区健康福祉部から2名、中野区社協から5名、東社協から3名の参加がありました。

平成27年11月6日掲載

中野区社会福祉協議会(以下、中野区社協)が中野区内で社会福祉事業を経営する34法人に声をかけ、8月4日に「中野区内社会福祉法人情報交換会」を開催しました。当日は、19法人から、理事長、施設長、事務長等26名と、中野区健康福祉部から2名、中野区社協から5名、東社協から3名の参加がありました。

はじめに、中野区社協の常務理事兼事務局長の鈴木由美子さんから「これまでは社会福祉協議会とそれぞれの社会福祉法人単体との関わりだった。東社協社会貢献事業検討委員会の『中間のまとめ』が出されたことを踏まえて、初めの一歩として区内の法人に声をかけた。今、社会福祉法人が置かれている状況について情報共有し有意義な時間にしたい」と挨拶がありました。その後、「社会福祉法人制度改革の内容と都内の社会貢献事業の取組み状況」について東社協からの情報提供を踏まえ、各法人の取組み状況等に関する情報交換がなされました。

社会貢献活動として、地域の清掃やお祭りの手伝い、車いすの貸出し等を実施してきた法人は、「これまでは地域のお手伝いが中心で社会福祉法人の専門性を活かしたものではなかった」として、法人内の地域貢献委員会で今後検討していくと話しました。また、地域住民を対象とした介護教室やサロン等を実施している法人からは、「各施設が地域に提供できる社会資源をどれだけ持っているか法人内で取りまとめている」と報告があり、さらに中野区全体の「地域貢献資源情報カード」の作成、集約をし、その情報を活用するため社協が情報発信することの提案がありました。

中野区社協は、各法人に事前アンケートをとり、回答した22法人の情報を当日の会議で提供しました。「現在実施している公益活動(社会貢献活動)」に「ある」と回答したのは、13法人でした。また、「ない」と回答していても、入所相談と合わせて地域住民に「何でも相談」を行っている特別養護老人ホームや、育児相談を行っているという保育園もありました。

当日の情報交換のなかでも、「きょうだいの預け先がないことにより障害児の療育がすすめられない」という課題や、「制度の狭間の生きにくい方の支援ができる相談支援事業をやりたい」という意見も挙げられました。

今後の情報交換会に参加意向を示す法人が多数あり、中野区社協は、年内にもう1回開催し、連携のあり方等についても情報交換していきたいと締めくくりました。

 

中野区社会福祉協議会

164-0001 中野区中野5-68-7スマイルなかの4階
TEL:03-5380-0751
http://nakanoshakyo.com/

各地域の取組み

地域のニーズにこたえる

社会貢献活動の取組み事例を募集しています

地域公益活動の普及啓発パンフレット

東京都地域公益活動推進協議会への加入申込はこちら

はたらくサポートとうきょうへの登録はこちら

ページの先頭へ