社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 地域のニーズにこたえる > 社会福祉法人による取組み > 地域住民・機関との連携 > 特養が住民活動の場を提供~社会福祉法人多摩済生医療団の取組み~

社会福祉法人による取組み

  • 地域との連携

 

特養が住民活動の場を提供~社会福祉法人多摩済生医療団の取組み~

社会福祉法人多摩済生医療団(小平市)

社会福祉法人多摩済生医療団では、特別養護老人ホーム多摩済生園の一室で高齢者が趣味や創作活動等を行う「ふれあい交流会」を毎月第3金曜日に開催しています。民生児童員等のスタッフが主体的に運営し、手作り小物やレクリエーション等を楽しんでいます。多摩済生園は、参加人数の調整、場所の提供や資料印刷などを行い、地域住民の主体的な活動を支えています。

平成28年1月25日掲載

住民にとってなくてはならない活動だから、法人独自で継続

小平市社会福祉協議会(以下、小平市社協)は、日頃交流の少ない高齢者を対象に身近な地域で気軽に集える場として市内の15ヶ所の地域センター等を利用して、趣味・創作活動などを行う「ふれあい交流会(小平市社協の名称は、ほのぼの広場)」を開催しています。ボランティアと民生委員児童委員がスタッフとして協力して、自宅にひきこもりがちな高齢者の生きがいの場となることを目的として運営されています。

多摩済生園は、平成4年に小平市社協から委託を受け「ふれあい交流会」を開始しました。開始から数年で社協からの委託が終了しましたが、法人独自事業として継続して運営しています。多摩済生園施設長の中村与人さんは「活動が定着していて、住民にとってなくてはならない活動になっていた」と振り返ります。

現在は社協との連携事業として開催しています。毎月第3金曜日の午後に小物づくりや健康体操、レクリエーション、会食会等を楽しんでいます。対象者は、60歳以上の市民で、ひとりで通うことができ、介護を必要としない方です。毎回約25名が参加しています。

運営は民生児童委員等の17名のスタッフが主体的に楽しみながら活動しています。各開催日の後に集まり、次月に行う催し物の準備もしています。「手作り小物」を行う際には、スタッフ自身が実際に作ってみて、やりやすさや難しさを体感しています。多摩済生園は、会場を提供するとともに生活相談員が参加人数などの連絡調整を担い、資料印刷、会食会での食事も提供しています。施設長や生活相談員も参加し、スタッフと一緒に活動を盛り上げています。また、小平市社協の保健師も同席し、血圧を測るなど健康チェックを行ったり、地域包括支援センターの職員が地域イベントを周知することもあります。

施設で開催している良さについて、スタッフは「特養と連携できていてありがたい。連絡調整や資料の印刷、会場準備もしてくださる。会食会の際は施設の給食課がご馳走を作って下さる」と話します。


職員と一緒に歌うコーラス

利用者からの声
運営スタッフの感想

 

施設と地域の連携を生み出す

「ふれあい交流会」は平成4年から継続している事業であるため、参加者が歳を重ねて、法人内のホームヘルプやデイサービスを利用し、ショートステイ、特養へ入所されるケースが増えてきています。「ふれあい交流会」に参加している時からその人の「人となり」を把握することができ、スムーズにサービス利用につながっています。

本事業を継続することについて、中村さんは「職員の理解が大切。職員が『ふれあい交流会』に参加し地域住民とかかわることで、地域を意識した仕事ができるようになる」と話します。多摩済生園は民生児童委員や地域のボランティア等とつながりが常時あります。そのつながりが「ふれあい交流会」だけでなく、小中学校の職場体験の受入れや、学校での職業講話など、施設と地域の連携を生み出しています。開始から24年を迎えた「ふれあい交流会」の取組みは、地域住民と多摩済生園に浸透し、今後も継続する予定です。


特別養護老人ホーム多摩済生園施設長の中村与人さん

 

平成27年度 ふれあい交流会 予定表

時間は午後2時から3時半です。多摩済生園4階へどうぞ。日時が変更になることもあります。

4月17日(金) 顔合わせ会
5月15日(金) 手作り小物
6月19日(金) レクレーション
7月19日(日) 納涼会
(8月はお休みです)
9月18日(金) 手作り小物
10月16日(金) レクレーション
11月20日(金) 手作り小物
12月18日(金) 手作り小物・クリスマス会
1月15日(金) 昔遊び
2月19日(金) レクレーション
3月6日(日) 会食会

 

社会福祉法人多摩済生医療団

〒187-0041 小平市美園町3-12-1
http://www.tama-sai.jp/

昭和11年医療保護施設・多摩済生病院として開設。法人理念「心をひとつに 助け合い 共に生きる」に基づき、病院、特別養護老人ホーム・デイサービスセンター、訪問介護、居宅介護支援事業所等を運営。ホームページには職員紹介ビデオページもあります。

社会福祉法人による取組み

地域のニーズにこたえる

社会貢献活動の取組み事例を募集しています

地域公益活動の普及啓発パンフレット

東京都地域公益活動推進協議会への加入申込はこちら

はたらくサポートとうきょうへの登録はこちら

ページの先頭へ