社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 あきる野市社会福祉協議会

社会福祉法人 あきる野市社会福祉協議会

設立沿革

平成8年4月 旧秋川市と旧五日市町の合併(平成7年9月)に伴い、社会福祉法人あきる野市社会福祉協議会を設立 
平成10年2月 第1期地域福祉活動計画(平成10年度から平成14年度まで)を策定する。 
平成12年4月 指定居宅介護支援事業所、指定訪問介護事業所として、社協ケアセンターを開設する。 
平成12年6月 高齢者在宅サービスセンター五日市センターを開設する。 
平成13年4月 市委託ホームヘルパー派遣事業、手話通訳奉仕員派遣事業、重度視覚障害者ガイドヘルパー派遣事業を受託する。 
平成14年4月 基幹型在宅介護支援センターを受託する。 
平成15年4月 身体・知的障害者及び児童居宅介護事業を開始する。 
平成18年3月 第2期地域福祉活動計画(平成18年度から平成22年度まで)を策定する。 
平成20年4月 あきる野市地域包括支援センター五日市はつらつセンターを受託する。 
平成20年4月 高齢者在宅サービスセンターの指定管理を受ける。 
地域福祉権利擁護事業を受託する。 
平成21年4月 あきる野市総合福祉センターの指定管理を受ける。 
平成23年1月  第3期地域福祉活動計画(平成23年度から平成27年度まで)を策定する。 
平成25年3月 こすもす福祉作業所が指定障害福祉サービス事業者として指定される。 
平成25年4月 あきる野市障害者通所支援施設(希望の家及びひばり分室)を指定管理者として運営開始する。 
平成25年4月 成年後見制度推進事業を受託する。 
平成25年9月 あきる野市災害ボランティアセンターの設置等に関する協定をあきる野市と締結する。 
平成25年10月 介護支援ポイント制度受託事業を受託する。 
平成28年3月 第4期地域福祉活動計画(平成28年度から平成32年度まで)を策定する。 
平成29年4月 生活支援コーディネーター事業を受託する。 
生活支援課を設置し、地域福祉推進課、総務課との3課体制とする。

 

経営理念

「ともに支えあい 笑顔のまち あきる野をめざして」を基本理念とし、住民相互の支えあいによる高齢者や障がい者等が孤立しない環境を整えるため、あきる野市民の自主的な活動を支援し、地域とともに歩む福祉サービスを提供していきます。

 

主な事業

ふれあい福祉委員会事業、ふれあいサロン事業、有償家事援助サービス事業、移送サービス事業、ふれあい食事サービス事業、ボランティア活動推進事業、生活福祉資金貸付事業、受験生チャレンジ貸付事業、地域福祉権利擁護事業、成年後見制度推進事業、生活支援コーディネーター事業、居宅介護支援事業、訪問介護事業、障害福祉サービス事業、就労継続支援B型事業(施設)、生活介護事業(施設)、地域包括支援センター事業、秋川ふれあいセンター施設管理事業