社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 はばたき

社会福祉法人 はばたき

設立沿革

昭和48年 東京都の「障がい者のための街づくり協議会」で当事者団体「青い芝の会」が意見書を提出。 
昭和56年 東京都の肢体不自由者自立ホーム条例により、「東京都八王子自立ホーム(ケア付き住宅)」が設立。 
平成6年 社会福祉法人はばたき 設立 自立ホームの運営を受託 
平成16年 法人設立10周年 
平成18年
~平成28年
東京都の指定管理者制度により「東京都八王子自立ホーム」の管理代行(Ⅰ期~Ⅳ期) 
平成25年
~平成26年3月
東京都八王子自立ホーム大規模改修工事 
平成24年 障害者自立支援法に基づく「生活介護事業」開始 
平成26年 障害者総合支援法に基づく「障害者支援施設」に転換
生活介護、施設入所支援の事業開始(定員30名) 
平成29年 東京都より「八王子自立ホーム」の民間移譲をうける。

 

経営理念

「磨く・食べる・生きる」 「依存から独立へ」
人間の生きる権利と自由は、それ自体として尊ばれ、守られるべきであり、決して能力の程度によって割引されてはならない。重度の肢体不自由者はたとえ社会的生産活動へのお参加が不可能であるとしても、人間として生きる営みを自分で判断し、決定し、責任を負い、自らの人間形成を行って様々な面で社会参加することは可能である。これが幼い時からの重度肢体不自由者にとっての「自立」である。

 

主な事業

  • 障がい者支援施設 はばたきの郷 八王子自立ホーム
    (生活介護35 施設入所支援30 短期入所1 )