社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 板橋区社会福祉協議会

社会福祉法人 板橋区社会福祉協議会

設立沿革

板橋区社会福祉協議会(以下「板橋社協」)は、昭和29年に発足しました。昭和40年には社会福祉法人格を取得し、板橋区の地域福祉の中核的な組織として活動してきました。閉じこもり防止を目的とした「福祉の森サロン活動」の推進や住民参加型在宅福祉サービス「ぬくもりサービス」など、社会福祉協議会の特性を活かした様々な事業活動を展開しています。

 

経営理念

理念:「誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくり」
板橋社協が掲げる「誰もが安心して暮らすことができる福祉のまちづくり」は、福祉の専門職や地域住民などによる様々な地域活動を連携・協働して実施するとともに、支援を受ける人も参加することが可能な仕組みづくりによって実現することです。

 

主な事業

  • 区内社会福祉法人との連携事業
  • 福祉の森サロン推進事業
  • ぬくもりサービス事業
  • 地域包括ケアシステム推進事業
  • 権利擁護事業
  • 法人後見・後見監督事業
  • 障がい者福祉サービス事業
  • 介護保険認定調査事業
  • 高年齢者就業支援事業 など

地域における公益的な取組み 実践内容

板橋区社会福祉法人施設等連絡会