社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 かいゆう

社会福祉法人 かいゆう

設立沿革

1992年 学校週5日制施行に伴い、休みになった第2第4土曜日を、ボランティアさんと過ごす国立五日制の会を結成。1998年 月2回の企画を担う、ボランティアさんの活動拠点としてくじら雲を組織。

「インクルージョン」の理念で色々な人がいてあたりまえの社会、地域であたりまえに生きていくことへの取組みを始める。 くじらハウスもスタート。音楽の広場、わいわいスポーツ、ハイキング、バーベキュー、プール、海水浴、スキー、英会話教室、子どものアトリエ教室、宿泊体験、etc.。

2001年 社会人になって、くじらに集まってきた人たち、親亡き後もずっと住みなれた地域で生きていくために,グループホーム立ち上げ準備委員会がスタート。 教員、地域の運動家、PTAのOB、OGなどが集まる。
10月31日、特定非営利活動法人の認可取得、 特定非営利活動法人くじら雲として事業開始。
2002年 11月 重度知的障害者グループホームはじめの一歩ハウスオープン。
2003年 支援費制度スタート。
4月 居宅支援指定事業所くじらハウススタート。 介護保険、通所・訪問介護事業所スタート。
10月 自費サービス「ガッテン・サポート・システム」スタート。
2004年 知的障害児者短期入所スタート  。
2005年 10月 ひとり親家庭生活支援事業所スタート。
2006年 1月 グループホーム来歩(らいむ)ハウス、メゾン・ド・歩人(あると)オープン。知的障害者通所デイサービスくじら工房オープン。 障害者自立支援法施行、新体系への移行を行う。
くじら工房は、地域活動支援センターに移行する。
2009年 4月 たまりば宙(そら)オープン。しょうがいのカテゴリー、年齢、国籍を問わず、だれもが集える場所。また、生きづらさを感じている人たちが、気軽に相談できる場所を目指す。
2011年 2月24日 社会福祉法人設立認可、社会福祉法人かいゆうとして事業開始。
2012年 放課後等デイサービス事業 くじらっこ 開設。
2013年 5月1日 グループホーム  すうぇる とれいる オープン。 法人本部 移転。
2015年 相談支援センター宙 を相談支援エプシロン に改称。
2017年 地域活動支援センターくじら工房が生活介護事業所に移行
日中一時支援事業「たまりば宙」スタート

 

経営理念

かいゆうは、しょうがいのある人が、自分の暮らしたい地域で、生涯にわたって、自分らしく生き、社会参加することを支援します。
※ かいゆうの理念は、障害者権利条約に基づいています。

ポイント

  1. 「しょうがいのある人が」
    「しょうがいのある人もない人も」共に生きる社会をつくっていきたいと、かいゆうは考えています。しかし、かいゆうの「存在意義」「社会で果たすべき役割」は、「しょうがいのある人」のための仕事をすることです。そのことを言葉として明確にしました。
  2. 「生涯にわたって」
    かいゆうは、人生の特定の時期だけではなく、しょうがいのある人が生まれたときから死ぬまでの間、自分の暮らしたい地域で自分らしく生き、社会参加することを支援します。
  3. 「生き、社会参加すること」

これまでかいゆうでは「活」という漢字を使って「活(い)きること」と書いてきましたが、伝えたい意味を明確にするため(耳で聞いても分かりやすくするため)、「生き、社会参加すること」という表現に変更しました。

 

主な事業

  • 障害福祉サービス(居宅介護等事業、共同生活援助、生活介護、特定相談、障害児相談)
  • 障害児通所支援事業(放課後等デイサービス)
  • 地域生活支援事業(移動支援事業)
  • 介護保険事業(訪問介護)
  • 公益事業(たまりば宙(日中一時支援事業・地域市民交流事業)、国立五日制の会事務局)

 

地域における公益的な取組み 実践内容

誰もが集えるみんなの居場所「たまりば宙(そら)」(居場所作り・相談事業)