社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 共働学舎

社会福祉法人 共働学舎

設立沿革

1980年4月1日 大阪府箕面市に開設されたデイ・ケア・サービスルーム桜ヶ丘共働学舎に連動し、キリスト教精神にそって、田中公明氏が中心となり、障害者の通所施設を開所する。
1982年6月21日 「桜ヶ丘共働学舎規約に則り、理事会を構成して開所式を行う。
1982年7月1日 桜ヶ丘共働学舎、障害者の受け入れを開始する。
1984年4月1日 桜ヶ丘共働学舎、東京都より無認可民間通所施設としての補助金を受ける。
1986年3月31日 社会福祉法人共働学舎として厚生省より認可される。
1986年4月1日 社会事業授産施設・桜ヶ丘共働学舎、東京都より認可される。
1989年6月1日 身体障害者通所授産施設・小野路共働学舎、東京都の認可施設として開所する。あわせて小野路共働学舎では、地域交流部門を開設する。
1996年5月1日 身体障害者通所授産施設・湯舟共働学舎、東京都の認可施設として開所する。
2001年4月1日 身体障害者福祉ホーム・湯舟福祉ホーム、東京都の認可施設として開所する。
2003年5月1日 重度知的障害者生活寮・小野路生活寮、重度生活寮として東京都の指定を受ける。
2004年9月1日 重度知的障害者グループホーム桜ヶ丘生活寮、地域生活援護事業として東京都の指定を受ける。
2006年4月1日 知的障害者グループホーム・黒川第一生活寮、黒川第二生活寮、地域生活援護事業として東京都の指定を受ける。
2006年10月1日 自立支援法により各身体障害者通所授産施設は生活介護として、各生活寮はケアホームとして指定を受ける。
2008年4月1日 共同生活介護・小野路第二生活寮、地域生活援護事業として東京都の指定を受ける。
2010年9月1日 社会事業授産事業・柏ゆうび、千葉県柏市より認可される。
2016年4月1日 共同生活援助・大畑第一生活寮、地域生活援護事業として東京都の指定を受ける。

 

経営理念

  • 障害者が障害者としてしか生きられないことを克服する。
  • 障害者も自分で自分の職業を持つ。

 

主な事業

  • 生活介護施設
  • 共同生活援助施設
  • 社会事業授産施設
  • 福祉ホーム