社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 武蔵村山市社会福祉協議会

社会福祉法人 武蔵村山市社会福祉協議会

設立沿革

武蔵村山市社会福祉協議会は昭和45年10月30日に、当時の町、民生委員協議会及び自治会により、地域福祉の推進を図ることを目的に発足した。昭和49年3月19日には法人としての認可がおり、「武蔵村山市社会福祉協議会」が正式に発足した。現在は地域福祉に根ざした活動を展開しつつ、指定管理者として「地域包括支援センター」ほか4施設の経営を行っている。

 

経営理念

誰もが安心して暮らしていくことができる「ささえあうまちづくり」の実現

 

主な事業

  • 社協福祉バザー
  • 小地域福祉組織化事業
  • 高齢者電話相談
  • 福祉団体への助成
  • 機関紙の発行
  • 福祉まつりの開催
  • 地域包括支援センター等の経営