社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 武蔵野会

社会福祉法人 武蔵野会

設立沿革

1948年国立武蔵野学院の外郭団体として発足。児童福祉法の制定に伴い、救護施設を養護施設「徳風寮」に転換
1962年板橋区より八王子市に国立武蔵野学院児童園舎の寄贈を受け、「児童寮」移転新築
1963年社会福祉法人武蔵野会の設立認可を受けると同時に、養護施設「徳風寮」を、「武蔵野児童学園」(定員50人)に名称変更
1967年武蔵野児童学園」 保育寮を増設
1968年静岡県御殿場市に「富士学園」を新築し、事業開始(定員60人)
1970年静岡県御殿場市に「東京苑」(定員100人)と職員宿舎を新築し事業開始
1980年八王子市に「すぎな愛育園」(定員45人)新築し事業開始
「八王子市心身障害者福祉センター」を八王子の受託施設として事業開始
1982年武蔵野児童学園児童寮を増築
1984 「東京都練馬福祉園」(定員80人)を東京都の受託施設として事業開始
1989年八王子市に「希望の里」(定員30人)新築、事業開始
東京都大島町に「大島恵の園」(定員82人)新築、事業開始
東京都八王子市に知的障害者生活寮「楢原寮」開設
1993年「富士学園」を廃止し「東京苑」に統合する
「東京苑」の施設名を「さくら学園」に変更し、定員160人で事業開始
1995年東京都大島町に「第2大島恵の園」(定員82人)を新築、事業開始
知的障害者生活寮「楢原寮」を閉鎖し、東京都大島町に障害者グループホーム「柘植寮」を開設
1998年「葛飾区白鳥福祉館」を葛飾区の受託施設として、事業開始
1999年「葛飾区西水元あやめ園」、「葛飾区西水元在宅サービスセンター」を葛飾区の受託施設として、事業開始
2000年「葛飾区白鳥福祉館」が社会事業授産施設から知的障害者通所授産施設に変更
2001年葛飾区から「葛飾区西水元あやめ園」と「葛飾区西水元在宅サービスセンター」の 事業の移管を受け、「西水元あやめ園」「西水元在宅サービスセンター」に名称変更をし、10月1日には居宅介護支援事業所「あやめ」を併設
2002年「葛飾区東堀切くすのき園」を葛飾区から受託し開設
港区白金に障害者グループホーム「しろがねホーム」開設
武蔵野児童学園にグループホー ム「すずらんホーム」開設
2003年「世田谷区立駒沢生活実習所」を世田谷区から受託
2004年「葛飾区白鳥福祉館」、「葛飾区東堀切くすのき園」が区から事業移管され、名称変更「白鳥福祉館」、「東堀切くすのき園」となる
2005年葛飾区から「きね川福祉作業所」を事業移管(元 葛飾区福祉作業所)
「世田谷区立九品仏生活実習所」を 世田谷区から受託
武蔵野児童学園ふたつ目の都型グループホーム「ひまわりホーム」開設
八王子市に障害者グループホーム「ふじもりホーム」開設
2006年「東京都練馬福祉園」が移譲により「練馬福祉園」と名称変更
練馬区から「練馬区立北町福祉作業所」を受託
西水元在宅サービスセンターが介護予防通所介護事業開始
2007年すぎな愛育園が定員を45名から56名に増員
すぎな愛育園放課後等デイサービス「こすもす」事業開始
東京都から、「東京都八王子福祉作業所」、「東京都八王子生活実習所」を移譲、「八王子福祉作業所」、「八王子生活実習所」として運営開始
世田谷区から「世田谷区立世田谷福祉作業所」を受託
2008年練馬区から「練馬区立大泉町福祉園」、「練馬区立光が丘障害者地域生活支援センターすてっぷ」を受託
世田谷区から「世田谷区立烏山福祉作業所」を受託
2009年東京都から知的障害者支援施設「東京都小平福祉園」を民間移譲し「小平福祉園」として運営開始
児童発達支援事業所「えとわる」を練馬福祉園内に開設
障害者グループホーム「からすやまホーム」を世田谷区に開設
さくら学園が隣接敷地に第1さくら寮を建設
2010年千代田区から「千代田区立障害者福祉センター えみふる」を受託(グループホーム「ふぁみりあ」を併設)
世田谷区立九品仏生活実習所が中町分場を開設
武蔵野児童学園3つ目のグループホーム「なのはなホーム」(都型)を開設
2011年練馬区から「練馬区立光が丘福祉園」を受託
練馬区立北町福祉作業所が北町出張所を開設
2012年すぎな愛育園放課後等ディサービス「あみぃ」開設
障害者グループホーム「きたまちホーム」を練馬区に開設
2013年すぎな愛育園児童発達支援事業所「きらきら」開設
2014年相談支援事業所「もなか」を八王子市に開設
練馬福祉園相談支援事業所「るみえーる」を練馬福祉園内に開設
東堀切くすのき園相談支援センター、白鳥福祉館相談支援センター、きね川福祉作業
所相談支援センターを葛飾区の各事業所内に開設
障害者グループホーム「サライ」を他法人から移譲、運営開始
2015年障害者支援施設「リアン文京」を文京総合福祉センター内に開設
軽度障害者入浴、子育てひろば江戸川橋、子どもショートステイの文京区委託事業を受託
文京総合福祉センター内に文京区から「文京福祉センター江戸川橋」を受託
共同生活援助事業所「ふじもりホーム」がサテライトユニット「hachiwell lab house」を併設
障害者支援施設「小平福祉園」を施設整備で建替え完了
2016年文京区から「文京福祉センター湯島」を受託
障害者支援施設「さくら学園」、障害福祉サービス事業所「八王子福祉作業所」及び児
童養護施設「武蔵野児童学園」を施設整備で建替え完了

 

経営理念

『自分を愛するようにあなたの隣人を愛せよ』 を基本理念に、あるがままの今の自分を理解し、その自分を受け入れ、絶えず啓発していくことによって、あなたの隣人と「対等な関係」を築き、隣人をあるがままに理解し受け入れることを目指しています。

キーワードは「理解」「受け入れる」「啓発」「対等な関係」です。

武蔵野会の職員は同じ理念のもとに法人に集い、同じ方針で働くことで大きな力を生み、社会福祉に大きく貢献できると考えています。

 

主な事業

  • 児童養護施設
  • 障害者生活介護・施設入所支援
  • 障害者生活介護
  • 就労継続支援・就労移行支援
  • 児童発達支援センター
  • 特別養護老人ホーム
  • 高齢者在宅サービスセンター
  • 指定居宅介護支援事業所
  • 老人福祉センター / 地域福祉振興施設
  • 心身障害者福祉センター
  • 地域活動支援センター
  • 障害者グル―プホーム

地域における公益的な取組み 実践内容

罪を繰り返してしまう障害者の受け入れ(就職・就労支援)