社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 武蔵野療園

社会福祉法人 武蔵野療園

設立沿革

昭和11年 結核病院として中野区に発足
昭和27年 東京都で第1号の社会福祉法人として認可を受け、社会福祉法人武蔵野療園病院として社会事業に貢献することを目的とした社会福祉事業を実施。
昭和53 年特養中野友愛ホームの事業開始
昭和62年 渋谷区高齢者ケアセンターの事業開始
昭和63年 中野区かみさぎ特別養護老人ホームの事業開始
平成3年 特養渋谷区けやきの苑西原の事業開始
平成18年 地域包括支援センターの受託運営
平成22年 ホームタウン友愛(ショート20床とグループホーム2ユニット)の事業開始
平成25年 しらさぎ桜苑(都市型軽費、小規模多機能、地域密着型デイサービス、訪問介護、地域連携室等)の事業開始
平成28年 ユニット特養ハピネスホーム・ヒナギクの丘の事業開始

 

経営理念

創設以来「社会奉仕・地域貢献」を理念として掲げ、「いつも、すぐそばに」を職員のモットーとしています。

 

主な事業

病院(一般・介護療養型)・特別養護老人ホーム・通所介護(一般・認知・若年性認知)・短期入所生活介護・グループホーム・訪問介護・小規模多機能型居宅介護・訪問看護・都市型軽費老人ホーム・居宅介護支援・地域包括支援センター

地域における公益的な取組み 実践内容

認知症みんなで考える中野ネットワーク(MIKAN)(地域のネットワークによる活動)

地域の子どもの居場所づくりを中心に、子どもから大人まで、自由に参加!子ども食堂さくらの実践~フードバンクも活用~(食の支援)

しらさぎ桜苑「駒ちゃんサロンの実践」~健康チェックや健康講座も開催~(地域住民の交流)

高齢者施設の認知症高齢者や地域のおじいちゃんおばあちゃんも一緒になって創る子ども食堂の実践~特養中野友愛ホームの取り組み~(食の支援・子育て支援)

就労訓練として短時間ボランティアからのスタート(生活困窮者就労訓練事業)(就職・就労支援)