社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 中野区社会福祉協議会

社会福祉法人 中野区社会福祉協議会

設立沿革

中野区社会福祉協議会(以下「中野社協」)は、1953(昭和28)年10月に設立されました。1962(昭和37)年には社会福祉法人格を取得し、中野区の地域福祉活動を推進する中核的な組織として活動してきました。ボランティア活動の推進や地域での支えあいによるサービスの提供など、さまざまな事業活動を展開しています。

 

経営理念

「わたしたちがいつもいきいきと暮らすために」を基本理念に、高齢であっても、障害があっても、病気になっても、誰もが安心して暮らし続ける「中野」のまちを実現するために、福祉のまちづくりを住民主体で進めています。

 

主な事業

  • 区内社会福祉法人との連携事業
  • 中野ボランティアセンター
  • 福祉何でも相談
  • ほほえみサービス事業
  • 中野区ファミリー・サポート事業
  • まちなかサロン事業
  • 高齢者困りごと支援事業
  • 中野区成年後見支援センター
  • アシストなかの(権利擁護事業)
  • 法人後見・後見監督事業
  • あんしんサポート事業
  • 介護保険認定調査事業

地域における公益的な取組み 実践内容

中野区内社会福祉法人情報交換会