社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 >社会福祉法人 成木保育園

社会福祉法人 成木保育園

設立沿革

昭和31年、地域有志により、当時上成木下分304番地長全寺に農繁期託児所が設置され、春秋の2期開所する。
昭和38年4月私立成木保育園として都知事の認可を受け開所する。
昭和40年独立園舎を建設、同時に経営の健全化のため、社会福祉法人を設置することとなり、昭和41年6月法人認可を得た。
保育需要の増加により、施設の拡充の必要性から地域の中心地である成木4丁目691番地に新園舎を建設する。その後園舎老朽化により、平成27年28年の二カ年計画で木造平屋建ての園舎増改築を行う。

 

経営理念

  1. 社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行うため、自主的にその経営基盤の強化を図るとともに、その提供する福祉サービスの質の向上並びに事業経営の透明性の確保を図り、もって地域福祉の推進に努めるものとする。
  2. 地域社会に貢献する取組として、子育て世帯を支援するため、無料又は低額な料金で福祉サービスを積極的に提供するものとする。

 

主な事業

多様な福祉サービスがその利用者の意向を尊重して総合的に提供されるよう創意工夫することにより、利用者が、個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成されるよう支援することを目的として、次の社会福祉事業を行う。

第二種社会福祉事業

保育所の経営