社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 梨の木福祉会

社会福祉法人 梨の木福祉会

設立沿革

昭和53年2月18日、社会福祉法人梨の木福祉会を設立認可、同月28日児童福祉施設認可申請を東京都知事に提出、昭和53年3月4日、役員として理事長 加邊初雄 他、理事9名、監事2名及び施設長 吉野治男を決定し、昭和53年4月1日、青梅梨の木保育園開園。同年6月1日児童福祉施設認可される。収容定員90名。昭和62年10月から63年3月、調理室を改築工事、園舎面積を515.42平方メートルから530.42平方メートルに変更。平成13年2月16日、園舎増改修により、定員90名を100名に変更。平成16年9月3日、調理室の増築により、建築面積433.54平方メートル、延床面積692.03平方メートルに変更。平成26年度27年度で園舎増改築工事、鉄筋コンクリート造合金メッキ鋼板ぶき3階建て、建築面積522.86平方メートル、延床面積1275.73平方メートルに変更。平成28年1月定員を100名から110名に変更。平成29年4月1日改正社会福祉法により、新たに評議員、評議員会を設置。その他、定款の変更認可申請はもちろん、理事長の登記、財産の登記等、遅滞なく実施されている。

 

経営理念

  1. 社会福祉事業の主たる担い手としてふさわしい事業を確実、効果的かつ適正に行うため、自主的にその経営基盤の強化を図るとともに、その提供する福祉サービスの質の向上並びに事業経営の透明性の確保を図り、もって地域福祉の推進に努めるものとする。
  2. 地域社会に貢献する取組として、子育て世帯を支援するため、無料又は低額な料金で福祉サービスを積極的に提供するものとする。

 

主な事業

  • 保育所の経営