社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 東京緑新会

社会福祉法人 東京緑新会

設立沿革

1972(昭和47)年4月 東京都が「身体障害者療護施設・東京都多摩更生園」を設置、運営を財団法人東京緑成会に委託しました。
1998(平成10)年4月 東京都多摩療護園の名称が東京都条例改正により、「東京都多摩療護園」と変更されました。
1999(平成11)年3月 東京都多摩療護園の移転改築事業が行われ、現在の場所での運営が始まりました。なお、この際利用者居室は2人部屋から全室個室化されました。
2009(平成21)年4月 都立施設の民間移譲方針により東京都多摩療護園は、「多摩療護園」として新たな歩みを始めることになりました。新しい運営主体は(財)多摩緑成会から分離・独立した社会福祉法人東京緑新会が担うことになりました。
2010(平成22)年4月 「障害者自立支援法」の全面的適用をうけ、生活介護事業単位Ⅰ(入所系)、同単位Ⅱ(通所系)と施設入所支援、短期入所事業を行う障害者支援施設として再出発しました。
2010(平成22)年12月 相談支援事業所「地域生活相談室 おあしす」を開所しました。
2011(平成23)年6月 東京都の委託事業所として、重症心身障害者通所事業所「ひだまり」を開所しました。なお、同事業は制度上平成24年度から自立支援法上の生活介護事業に移行しましたが、東京都の補助要綱上の施設として運営が続けられています。
2013(平成25)年4月 新たに成立した「障害者の日常生活および社会生活を総合的に支援するための法律」との適用をうけ、多摩療護園、おあしすが再出発しました。
2014(平成26)年1月 東京都地域移行促進コーディネート事業を受託しました。

 

 

経営理念

  1. 私たちは、障害者権利条約を規範とした、差別のない一人ひとりに優しい社会を目指します。
  2. 私たちは、人権を尊重し、虐待を許さず、障害者の立場に配慮した権利擁護活動に取り組みます。
  3. 私たちは、地域福祉の充実を図るため、拠点施設としての社会的役割と責任を果たします。
  4. 私たちは、施設利用者の自治権を支持し、全ての利用者の健康保持と生活づくり、人生設計に協力します。

 

主な事業

多摩療護園

  • 生活介護事業 80人
    単位1 (入所系) 58人
    単位II (通所系) 22人(東京都重症心身障害者通所事業11名含む)
  • 施設入所支援 58人
  • 短期入所事業 併設型3人(個室) 空床型

 

地域生活相談室おあしす

  • 一般相談支援
  • 特定相談支援