社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 手をつなぐ福祉会

社会福祉法人 手をつなぐ福祉会

設立沿革

平成13年(2001) 社会福祉法人手をつなぐ福祉会法人認可
(第一~第六しょうぶ福祉作業所が法人運営に移行)
平成16年(2004) 「葛飾しょうぶ園」1月開設 
平成17年(2005) 「水元そよかぜ園」4月開設
「青戸しょうぶ」11月開設(第一、第五しょうぶ福祉作業所を統合) 
平成18年(2006) 「ホームヘルプステーションしょうぶ」3月開設【居宅介護】 
平成19年(2007) 「しょうぶエバンズ」1月開設【自立支援法(創設):就労移行、就労継続B型】 
(第二、第四、第六しょうぶ福祉作業所を統合) 
平成20年(2008) 「水元そよかぜ園」4月開設 自立支援法に移行【生活介護、就労継続B型】 
 (第三しょうぶ福祉作業所を統合) 
平成21年(2009) 第二代理事長に根本文夫が就任 4月 
法人本部、ホームヘルプステーションしょうぶ事業が移転(葛飾区青戸)4月
平成23年(2011) 「葛飾しょうぶ園」4月開設 自立支援法に移行【就労移行、就労継続B型】 
「青戸しょうぶ」4月開設 自立支援法に移行【就労継続B型】 
平成26年(2014) 「相談支援センターしょうぶ」4月開設【特定相談支援事業】  
平成27年(2015) 「相談支援センターそよかぜ」3月開設【特定相談支援事業】 
「相談支援センターあおと」4月開設【特定相談支援事業】 
「相談支援センターエバンズ」4月開設【特定相談支援事業】

 

経営理念

個人の尊厳を保持して、安心した生活を、地域社会において営むことを目指します。

 

主な事業

生活介護事業、就労移行支援事業、就労継続B型支援事業、居宅介護事業、移動支援事業、緊急一時保護事業、特定相談支援事業