社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 東京栄和会

社会福祉法人 東京栄和会

設立沿革

昭和34年9月10日厚生大臣より社会福祉法人博仁会の認可を受ける。
昭和40年5月20日東京23区内初の特養「博愛ホーム」(定員50名)が設立認可される。
昭和55年9月8日「博愛ホーム」は江戸川区有地の無償提供の下、江戸川区へ移転し、在宅サービスセンターを併設した江戸川区内初の特養「なぎさ和楽苑」(定員100名)として運営を開始する。
平成7年5月1日千代田区の委託を受け、「千代田区立一番町特別養護老人ホーム」の運営を開始する。
平成14年3月20日法人の分離により新たに社会福祉法人「東京栄和会」として設立、認可を受ける。
平成17年4月、建物の老朽化に伴いなぎさ和楽苑を全面改築し、ユニットケアを取り入れた定員120名の施設として運営を開始する。
平成27年4月1日市有地の提供を受け、千葉県浦安市に特養「うらやす和楽苑」(定員84名)の運営を開始する。

 

経営理念

思いやりの心の介護の実践

 

主な事業

  • 特別養護老人ホーム
  • 短期入所
  • 通所介護
  • 認知症対応型通所介護
  • 地域包括支援センター
  • 居宅介護支援事業所
  • 訪問介護
  • 訪問看護
  • 福祉用具貸与
  • 配食サービス
  • 都市型軽費老人ホーム
  • 若年性認知症支援事業(法人独自)
  • 診療所(社会保険指定)