社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 参加法人 > 社会福祉法人 亀鶴会

社会福祉法人 亀鶴会

設立沿革

1998年(平成10年) 社会福祉法人亀鶴会設立
初代理事長 中村忠雄就任
1999年(平成11年) 特別養護老人ホーム神明園(定員120名)
ショートステイ神明園(定員2名)
デイサービスセンター神明園(定員12名) 開設
園長 中村行子就任
2003年(平成15年) 現理事長 大塚英雄就任
2014年(平成26年) 現園長 中村正人就任
2017年(平成29年) デイサービスセンター神明園 廃止
2018年(平成30年) 神明台ストアハウス 竣工

 

経営理念

理念

“もとめられる”

方針

  1. 社会福祉法人として、社会から付託された事業を公共性・公益性に基づき、誠実な経営を実践する。
  2. 設置施設においては、目的をふまえた入居者への生活支援を基本とし、あらゆる福祉資源を最大限に活用する。そして、入居者、利用者、さらには地域を問わず、充実した高齢期の生活を共に考え、人生の最終章を実り多きものにするための支援を全員参加で行う。
  3. 社会福祉基礎構造改革にみる、抜本的な社会保障・福祉制度の改革に対応できる、新しい時代の法人のあり方を探求する。
  4. 計画を具体化するために、法令関係を遵守するだけにとどまらず、人権尊重の精神に基づいた、公平・公正なサービスの実現に努める必要から、「老人福祉施設倫理要領」(全国老人福祉施設協議会)に基づきすべての職員がこれを遵守し実践する。

 

主な事業

  • 特別養護老人ホーム 神明園
  • ショートステイ 神明園