社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 新着情報 > 令和2年度 歳末たすけあい運動が始まりました

令和2年度 歳末たすけあい運動が始まりました

令和2年12月1日

12月1日より本年度の歳末たすけあい運動が始まりました。歳末たすけあい運動は、東京都共同募金会が主催し、都内の社会福祉協議会が中心となり実施しています。
地域での安心・安全な暮らしを支える募金へのご協力を、よろしくお願いいたします。

スローガン:つながりをたやさない社会づくり ~あなたは一人じゃない~
実施期間:令和元年12 月1日(火)~12月31日(木)の1か月間

歳末たすけあい運動とは

毎年12月に「共同募金運動」の一環として、地域の社会福祉協議会が中心となって実施しています。この運動は、戦後の混乱期に、市民のたすけあいの精神により、生活に困窮する人々に対する物資の持ち寄り運動として始まりました。その後、時代や福祉課題の変化に応じながら、地域での安心・安全な暮らしを支えるための貴重な募金として、様々な取組みに活用されています。
孤立した高齢者を狙う悪徳商法や、子どもの安全を脅かす様々な事件。地震や台風などの自然災害。現在、地域の中には、公的なサービスや制度だけでは解決されない問題が山積しています。大都市東京においても、改めて「地域のつながり」を再生させ、身近な地域で支えあう「地域の福祉力」を高めていくことが求められています。歳末たすけあい運動にお寄せいただいた募金は、そのような地域に根ざした福祉活動を進めるために、有効に使わせていただきます

歳末たすけあい運動による募金のつかいみち

東京都内での活動の様子は、「はねっと」でご覧ください。募金を受け付けたそれぞれの地域で様々な事業を展開しており、地域での福祉活動に役立てられています。

都内での事業例

地域の支え合い活動に対する支援(墨田区社会福祉協議会)

墨田区社会福祉協議会では、地域の支え合い活動(小地域福祉活動)を推進しており、この活動の支援に活用しています。小地域福祉活動とは、町会・自治会といったお互いに顔見知りの範囲で、「戸別訪問」「見守り・声かけ」「ふれあいサロン」など、それぞれの地域に合った活動を通して地域の中でお互いに支えあう気持ちを次の世代へも繋げていくものです。

地域で顔の見える関係をつくる活動(清瀬市社会福祉協議会)

おひる処

高齢社会になり、食事が偏っている人、孤食の人、バランスのとれた食事の分からない人。その様な人達と談笑しながら食事をして元気になり、地域の輪が広がればと思います。毎月第2金曜日に40名近い方々が昼食を手作りした物を頂き話もはずみ笑顔も出ます。顔なじみを作る、家から出るという事が必要と思います。そんな手助けになればという思いで活動しています。

仕事

キーワードでわかる東社協

  • 社会福祉協議会とは
  • 東社協のネットワーク
  • 福祉情報の提供

ページの先頭へ