社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 新着情報 > 令和3年度 歳末たすけあい運動が始まりました

令和3年度 歳末たすけあい運動が始まりました

12月1日より本年度の歳末たすけあい運動が始まりました。歳末たすけあい運動は、東京都共同募金会が主催し、都内の社会福祉協議会が中心となり実施しています。
地域での安心・安全な暮らしを支える募金へのご協力を、よろしくお願いいたします。

スローガン:つながり ささえあう みんなの地域づくり
実施期間:令和3年12月1日(水)~12月31日(金)の1か月間

歳末たすけあい運動とは

毎年12月に「共同募金運動このリンクは別ウィンドウで開きます」の一環として、地域の社会福祉協議会が中心となって実施しています。この運動は、戦後の混乱期に、市民のたすけあいの精神により、生活に困窮する人々に対する物資の持ち寄り運動として始まりました。その後、時代や福祉課題の変化に応じながら、地域での安心・安全な暮らしを支えるための貴重な募金として、様々な取組みに活用されています。
孤立した高齢者を狙う悪徳商法や、子どもの安全を脅かす様々な事件。地震や台風などの自然災害。現在、地域の中には、公的なサービスや制度だけでは解決されない問題が山積しています。大都市東京においても、改めて「地域のつながり」を再生させ、身近な地域で支えあう「地域の福祉力」を高めていくことが求められています。歳末たすけあい運動にお寄せいただいた募金は、そのような地域に根ざした福祉活動を進めるために、有効に使わせていただきます

歳末たすけあい運動による募金のつかいみち

東京都内での活動の様子は、「はねっと」でご覧ください。募金を受け付けたそれぞれの地域で様々な事業を展開しており、地域での福祉活動に役立てられています。

都内での事業例

地域活動の参加を促進する活動(中野区社会福祉協議会)

地域活動応援!講座
「生活困窮者」や「ひきこもり」などの福祉課題、高齢者や子育て支援、ボランティアコーディネーター等のテーマを学び、新しい生活様式が求められるコロナ禍での地域活動を考え、参加のきっかけとなる講座を実施しました。会場での講座受講の他、新たにオンライン講座も試み、オンライン講座受講初心者のためのZOOMオリエンテーションも実施し、幅広い層の方の参加に繋がりました。

地域で顔の見える関係をつくる活動(日野市社会福祉協議会)

地域のみんなで防災について考える「日野市民でつくる防災減災シンポジウム」は、Zoom等を活用したオンラインと対面のハイブリッド式で実施しました。
企画は、これまでの実行委員にアンケート調査を行い、①避難所における感染予防対策②水害時の助け合い実践③3.11の教訓から学ぶ判断力、をテーマに講演を行いました。
災害時対応は感染対策とともに今なお地域の関心は高く、コロナ禍でも様々な活動が中止となるなか、オンライン型でも開催できたことに、住民から多くの反響の声をいただくことができました。

お問い合わせ先

部署名:地域福祉担当
電話番号:03-3268-7186

情報提供

キーワードでわかる東社協

  • 社会福祉協議会とは
  • 東社協のネットワーク
  • 福祉情報の提供

ページの先頭へ