社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

福祉の本
災害時要援護者支援ブックレット3 災害時要援護者支援活動事例集
定価(税込み)
880円
発売日
2014.04.23
サイズ及びページ数
A5判 123頁
ISBNコード
978-4-86353-189-5
◆概要◆
災害時要援護者支援ブックレットシリーズの第3巻。本書の作成にあたっては、引き続き本会職員を各地の実践の場に派遣して取材を行いました。そして福祉避難所や災害時情報支援、相互応援協定などの課題について、幅広く各地の実践の中で培われてきていることを事例集としてまとめました。また、折しも平成25年10月には台風26号が伊豆大島に土石流災害をもたらしました。その経験もふまえて本書の後半では、伊豆大島における要援護者支援の状況をお伝えします。
◆目次◆
災害時情報支援
 1.福島県社会福祉協議会 「支援につなげるためには、情報の集約と発信が大切」

福祉避難所
 2.石川県輪島市 「能登半島地震で日本初の福祉避難所を設置」

相互応援協定
 3.山形県老人福祉施設協議会 「県内ブロック単位の相互応援協定と広域の防災ネットワーク」

福祉避難所
 4.大田区うめのき園 「区と福祉避難所設置の協定を締結」

要援護者たちの力
 5.特定非営利活動法人Jin(浪江町サラダ農園) 「復興の最前線を拓く高齢者・障害者たち」

災害時情報支援
 6.東京都社会福祉協議会 「会員施設、区市町村社協からの情報把握訓練を実施」

平成25年台風26号 大島土石流災害に伴う要援護者支援
 7.大島老人ホーム 「福祉避難所の設置と特養利用者の平穏を守る支援」
 8.大島町地域包括支援センター 「関係機関と連携した安否確認、避難への支援」
 9.大島町民生児童委員協議会 「島民同士のつながりを活かした支援」
 10.大島町立元町保育園 「土石流の危険から他の町立園2園で保育を継続」
 11.知的障害者入所施設 藤倉学園 「災害時だからこそ、自分たちにもできることを」

<大島全体地図>

平成25年台風26号、27号に伴う大島町の被災に対する東京都社会福祉協議会による支援活動

ページの先頭へ