社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

福祉の本
コロナ禍でも日常を守るために 
福祉施設・事業所の取組み事例集
定価(税込み)
1,430円
発売日
2022.01.24
サイズ及びページ数
B5版 100頁
ISBNコード
978-4-86353-297-7
◆概要◆
令和2年1月頃からの新型コロナウイルス感染症の拡大により、福祉施設・事業所は、利用者の命・生活、職員の安心・安全を守るため、従来よりもさらに厳しい感染症対策に取り組んでいます。
福祉従事者は利用者の日々の生活を支えるため、さらには地域の福祉を支えるために必要不可欠な役割を果たしています。
本会が発行する広報誌【福祉広報】では、令和2年8月号から12回にわたり、コロナ禍における各分野の福祉施設・事業所の取組みを取材し紹介してきました。そこには、利用者の日常生活を守るための様々な工夫や教訓がありました。
本事例集は、こうした福祉施設や事業所の取組みを広く発信していくために、当時の記事をまとめたものです。
この事例集から、コロナ禍でも日常を守るために奮闘する福祉施設や事業所の姿を知っていただけたら幸いです。
◆目次◆
1.施設での暮らしを守るために
     (社福)正吉福祉会 きたざわ苑(世田谷区)

2.在宅介護事業所の動きを中心に
     株式会社やさしい手

3.利用者と協議の上で対策をすすめる
     (社福)東京緑新会 多摩療護園(日野市)

4.感染症を持ち込まないことを第一に
     (社福)南風会 シャロームみなみ風(新宿区)

5.子どもにとって今しかない一年を大切に
     目黒区立目黒本町保育園(目黒区)

6.子どもたちが生活に楽しみを持てるよう支える
     (社福)六踏園 品川景徳学園

7.子どもたちの『家』である乳児院での生活を守るために
     (社福)聖オディリアホーム 聖オディリアホーム乳児院

8.不安を少しでも軽減させ、日常生活を送ることができるようにする
     (社福)東京蒼生会 ポルテあすなろ(足立区)

9.コロナ禍の取組みを前向きに考える
      (特非)みのり会 グループホームみのり荘(東村山市)

10.外出自粛中の地域の高齢者とのつながりを緊密に
      (社福)東京聖新会 向台町地域包括支援センター(西東京市)

11.コロナ禍で産前・産後を一人で迎える女性を支える
      (社福)慈愛会 慈愛寮

12.子どもと深く関わることを続ける
    (特非)シンフォニア 舟渡小あいキッズ(板橋区)

13.日常生活を継続しながら感染症対策を追加する
      (社福)新栄会 更生施設・宿所提供施設 ふじみ

14.コロナ禍で改めて利用者の持つ力に気づく
      (社福)北区社会福祉協議会 権利擁護センター「あんしん北」(北区)

15.コロナ禍の施設での生活にも楽しみやうるおいを提供する
   (社福)恩賜財団東京都同胞援護会 昭島荘(昭島市)

16.職員体制を再編し、感染症対策を強化する
   (社福)天童会 秋津療育園(東村山市)

17.グループホーム内で発生したクラスターへの対応からさらなる対策へ
      社会医療法人社団順江会 認知症高齢者グループホーム サンライズホーム(江東区)

18. 「たすけあい」で地域での生活を支える
       (特非) 東京山の手まごころサービス(新宿区)

19.コロナ禍における在宅サービスが抱える課題への対応を模索する
      (社福)秋川あすなろ会 あすなろみんなの家(あきる野市)

20. コロナ禍でも食を通じ人と人とのつながりを支える
    (特非) 支え合う会みのり(稲城市)

21.コロナ禍でも、利用児が充実した余暇を過ごすために
   (社福)武蔵野会 すぎな愛育園 放課後等デイサービス事業所「コスモス」・「あみぃ」(八王子市)

22.インフルエンザ流行時の教訓を活かし、自分たちにできることや基本を徹底する
    (社福)パール パール代官山(渋谷区)

23. コロナ禍を契機に保育の本質を振り返る
   (社福)菊清会 さくらしんまち保育園(世田谷区)

24.コロナ禍でも利用者が主役になれる福祉作業所のあり方を考える
   (社福)大泉旭出学園 旭出調布福祉作業所(調布市)

ページの先頭へ