ホーム > 知ろう > コラム > 家庭のコト > ゆったりーの

【コラム】このヒトに会いたい

  • ソーシャルボタンの説明

 

Key Word

  • 家庭のコト
  • 子どものコト
  • 地域のコト

 

ゆったりーの

YUTTARINO

ひとりの力 みんなの力 み~つけた
親と子と地域がみんなでつくる みんなの居場所「ゆったりーの」をみ~つけた!

福祉広報 2014年2月号 み~つけた

 

区民ならではの

「小児科どこに行ってる?」「予防接種うけさせる?」「離乳食もうはじめた?」ゆったりーのに集う親子間ではこのような会話が交わされています。
ゆったりーのは、新宿区北山伏町にある、廃園となった区立保育園の跡地を利用した親子の居場所です。様々な機関が区民の子育てを支えていますが、ゆったりーのは、地域の子育て当事者が主体となり、利用者全員がアイディアと資金を出し合う「会員制」で運営しています。区民と区との協働モデル事業で行っている唯一の場所です。スタッフは子育て当事者やボランティアなどが担い、区民ならではの居場所づくりがなされています。平成25年利用者アンケートでは、利用者の67%の保育状況が「在宅」でした。また、利用者からは、「保育園・幼稚園情報等、情報提供が多く身近で新しい情報が得られる」「地域の病院について詳しい」等、地域情報が聞ける点に良さを感じるという声がありました。

居場所であると共に情報交換の場

ゆったりーのは、親子の居場所であると共に、子育て中の区民の情報交換の場でもあります。週に1回、個別相談の日も設けており、様子が気になる親子を専門機関につなぐきっかけにもなる場です。「利用者からストレートに相談される場合は応じやすい。しかし、相談されないグレーゾーンの気になる方の場合は、相手との信頼関係が十分に築けていないと、どう支えていくか判断に迷うこともある」と代表の小原聖子さんは言います。また、「専門機関に顔の見える相手がいれば、積極的につなぐことができる。そのためにも、子育て支援に関わる他の機関との日頃からの連携は重要」と指摘します。

答えを見つけるお手伝いが仕事

利用者の抱える悩み事は、子どもの事、パートナーの事、親の事など、多岐にわたります。「悩んでいることを自覚しているが言わない方もいるし、ここでは大丈夫そうだけれど家で無理しているのではと感じる人もいる。話すと解消する人も多いので、なるべくまわりを巻き込むようにしている」と小原さんは言います。スタッフが他の利用者を巻き込むきっかけを作ることで、会話の輪が広がり、”自分だけじゃない、みんなもそうなんだ“、”自分が思っていたことは絶対じゃないんだ!“ と、気づきが得られます。「気が楽になったという方がいる一方、特に若い世代の方は、一歩踏み込んだ話が苦手な方が多い」と小原さんは印象を語ります。スタッフの役割は、利用者に対して直接的に答えを出すのではなく、「きっかけ作り。答えを見つけるお手伝いが仕事」と言います。
 

一時預かりを利用したい理由

ゆったりーのでは、1日2人、3時間の「一時預かり」を実施しています。事前に利用登録が必要ですが、空いていれば当日の連絡でも利用が可能です。利用時に理由は問いませんが、登録時に丁寧に話を聞くようにしています。預けられる人が近くにいないのか、上の子の用事で預けたい時があるのか、保護者の調子が悪いのか、登録者には様々な状況があります。その中には、専門相談につないだほうがよい事案もあります。0歳児の一時預かりについては、「生後6か月未満のお子さん、慢性疾患のあるお子さんについては、スタッフの受け入れ態勢により、お預かりできない場合があります。登録・申込み時に、協議いたします」としています。保育所や広場で実施されている一時預かり事業では、月齢の小さい乳児は対象外にしている所がほとんどです。しかし、生まれたばかりの乳児を預けなければならない状況が何なのか、まずは耳を傾けるためにも、とにかく相談してみてくださいと伝えています。

子育てを機関の役割分担で支える

子育て支援に関わる機関は、お互いに得意とする分野があります。平成27年に本格施行予定の「子ども・子育て支援新制度」で、新たに位置付けられた「利用者支援事業」は、子ども・子育て世帯の身近な場所で相談に応じ、必要な情報の提供及び助言を行うと共に関係機関との連絡調整等を行うとされています。ゆったりーのような親子の居場所・区民が相談・情報交換できる場が、利用者支援の一翼を担う存在として、関係機関と役割分担をしながら、地域の子どもや子育て世帯を支えていくことが期待されます。

ゆったりーの

●2004年10月にオープン
廃園になった区立保育園の跡地を利用し、区民と区との協働モデル事業として、地域の子育て当事者が主体となり、利用者全員がアイディアと資金を出し合う「会員制」で運営。親子の居場所、子育て支援団体拠点、一時預かり&預けあい等を実施。
●新宿区北山伏町2-17
●TEL/FAX03-5228-4377
http://www.yuttarino.org/
●休館:木曜・日曜

知ろう

 

 

ページの先頭へ