ホーム > 東京善意銀行 > 善意銀行について

善意銀行について

東京善意銀行は都民・企業・団体の皆さんの「世の中の役に立ちたい、困っている人の支援をしたい」という善意を生かすために昭和39年10月から活動を始めました。

現金寄附は施設の要望に沿って施設の希望品を購入するために使います。物品や催物の招待券などの寄附も施設の内容に合うように調整しお贈りします。

寄附金は税金控除の対象になります。詳しくは社会福祉への寄附のページをご覧ください。

●寄附された方の公表
預託内容は、東京新聞のご協力で、火曜日の朝刊「東京版」の東京善意銀行預託者欄と本ホームページに発表します。
皆さまからのご寄附(預託内容)はこちら。

 

沿革

昭和39年10月 財団法人 東京善意協会 設立(事務所 千代田区丸ノ内)
昭和45年10月 財団法人 東京善意銀行と改称
昭和48年 5月 事務所を千代田区九段北に移転
昭和55年 4月 事務所を渋谷区渋谷に移転
昭和59年 4月 事務所を新宿区神楽河岸に移転
平成17年 3月 財団法人解散
社会福祉法人東京都社会福祉協議会に事業移管
平成20年 3月 事務所を千代田区神田駿河台に移転

 

事業の実績

平成28年度には、現金、物品、招待券等の寄附が、合計1,444件寄せられました。
そして、これらの寄附を東京の社会福祉施設等に配分しました。それぞれの配分に際しては、寄附された方の意向を尊重しながら、施設側の希望や公平性も考慮しました。

PDFファイル平成28年度 事業報告(3981KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

 

リーフレットもぜひご覧ください。

PDFファイル平成29年度 善意銀行リーフレット(2011KB)このリンクは別ウィンドウで開きます

善意銀行

ページの先頭へ