社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 業種別部会 > 保育部会

保育部会

お知らせ

保育部会について

東社協会員組織の中の一組織に位置づけられている保育部会は公私立の認可保育園により組織された都内唯一の全都的な保育組織です。
保育部会では、研修会や研究会の開催、調査研究や日頃の保育の研究発表、都内認可保育園の取り組みの社会への普及などの活動をとおして、職員の資質のさらなる向上を図り、子どもの健やかな成長と発達を保障するための事業を行っています。

 会員(施設・団体等)加入のご案内のページ

保育部会の特徴

  1. 公私立保育園を会員とするきわめて公共性が高い全都的な保育組織です。
  2. 東社協の会員組織の一つとして、東社協の組織、財政を活用し、他の部会とも連携しながら活動を行っています。
  3. 公私立保育園の園長をはじめ保育士、栄養士、看護師等様々な職種の保育者が東京の保育水準の向上のため、ともに活動を行っています。
  4. 部会の運営は全員協議ではなく、区市町村より選出された地区委員による代表制を採用しています(委員は公私別、各区市町村の園長会等の組織の中から選出されます)。
  5. 2年ごとに地区委員の改選があるため、組織・人事が停滞することなく、より多くの会員園の参画を得ながら活動を進めることができます。

研修のご案内

保育セミナー「保育・教育は何を期待して営まれているのか」

  ◆PDFファイル開催要項
 
  ◆研修趣旨

 私たちは、かつて経験のない異常気象や感染症等のたび重なる災害と隣り合わせに、新時代のテクノロジーの進 歩は加速し、先の見えない時代に向かっていきます。そして、これからの社会の未来を担う子どもたちの「幼児教育・保育の質」の重要性が、近年ようやく社会的に認識されてきました。しかし、「幼児教育・保育の質」がどのようなものであるかは、社会的に共有されているとは言い難く、いわゆる早期教育や英才教育、小学校教育の前倒しであると誤解されることもあります。それは、遊びを通じて学ぶという幼児期の特性、学びの教育的意義や効果が、まだまだ社会的な共通認識として進んでいないからではないでしょうか。
 そのような中、令和3 年5 月に文部科学大臣より「幼児教育スタートプラン」のイメージを経済財政諮問会議において公表され、5 歳児の生活・学習基盤を保証するために「幼保小の架け橋プログラム」が推進されています。このプログラムの主な論点の中には、「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」の実用について盛り込まれていますが、「幼児教育・保育の質」への社会的な共通認識が不十分なままでは、5 歳児の教育が早期教育等との混同や誤解をさらに増長させてしまうのではないかと、この議論の行く末に危惧の念を抱いています。
 このセミナーが、学校や施設類型を越え今一度、乳幼児期の特性や教育的意義への理解を深めるとともに、子どもたちの未来を見据えた保育・教育が何を期待して営まれていくのかを考えていく良き機会となれば幸いです。

  ◆講師

大宮 勇雄 氏、井桁容子 氏

  ◆流れ
主催者挨拶(5分) 講師①講演(30分) 講師②講演(30分) 講師による対談(45分) まとめ(10分) 主催者挨拶(5分)
  ◆実施方法(配信期間)

オンデマンド配信 【配信期間】令和3年12月8日(水)10:00~24日(金)17:00

  ◆参加費

【個人単位】1名会員:3,000円 非会員:6,000円

【施設単位】1園会員:8,000円 非会員:16,000円

  ◆申し込み方法
   ※申込受付期間は10月27日(水)~11月10日(水)です。
    原則、下記の申込サイトからのお申し込みをお願いいたします。

 https://www.mwt-mice.com/events/hoikus21tokyo/loginこのリンクは別ウィンドウで開きます

※これまでに東社協主催の研修会に参加されたことがある場合でもその内容は引き継がれませんので「新規登録」からお手続きをお願いします。

※申込完了後、登録されたメースアドレス宛に自動返送の欠家完了メールが受付完了メールが届きます。

※セキュリティ制限などの都合により上記申込サイトへのアクセスができない場合に限りPDFファイル「参加申込登録依頼書」(365KB)をダウンロードの上、必要事項をご記入いただき、下記業者までファックスにてお送りください。

【参加申込登録依頼書送付先】名鉄観光MICEセンター FAX:03-3595-1119

青年委員会主催研修「LGBTへの理解とこれからの共生社会に向けて」

 
  ◆研修趣旨

 多様化したこれからの世界では、すべての人がお互いを尊重して支え合う共生社会の構築が求められています現在、国際化が進み保育園には多国籍の乳幼児が在籍しています。また、障碍者の雇用の促進等に関する法律などにより障害を持った方が社会に参画したり、人権教育が学校等で行われたりと共生社会に対する一般の理解は進んでいます。

 ところが、LGBT等、ジェンダーフリーに対する理解や関心については、まだまだ未知なる分野、関心が持てない世界といった認識が多いのではないでしょうか。しかし、これからではなく、今までも、そして今もジェンダーのことで悩みを抱えた人はたくさんいます。そこで、今回は渋谷区長の誘いで性的少数者として渋谷区の男女平等・ダイバーシティ推進担当課長を5年務めている永田龍太郎氏を講師に迎えて研修を開催します。

 保育園でも職員、保護者だけでなく、トランスジェンダーの子どもがいるかもしれないことを考えると、当事者である永田氏の研修は、LGBT等、性的少数者に対する理解を深め、壁や偏見を払拭する機会となると思います。今まであまりなかったテーマでの開催ですのでぜひ、ご参加ください。

  ◆講師

 永田 龍太郎 氏(元 渋谷区総務部 男女平等・ダイバーシティ推進担当課長)

  ◆研修スケジュールおよび実施方法
  【第1部】―オンデマンド配信
  講義動画視聴による研修受講および質問の受付
  講義動画配信期間:12月13日(月)~令和4年1月19日(水)※質問受付の締切は12月24日(金)
  【第2部】ーライブ配信
  Zoomミーティングを使用した講師との質疑応答や参加者同士のグループディスカッションを含む学習会
  日時:令和4年1月24日(月)14:00~15:30
 
  ◆参加費:無料
  ◆申し込み方法
  ※申込受付期間は10月27日(水)~11月10日(水)です。

 下記のリンクよりお申し込みをお願いします。

 https://forms.gle/ZRBpRVHCoWAgp1Hd8このリンクは別ウィンドウで開きます

 ※申込内容入力完了後、登録されたメールアドレスに自動の受付完了メールが届きます。

 

キャリアアップ研修 マネジメント研修「保育園リーダーセミナー Bコース」

~お申込みが定員上限を超過したため、申込み受付を終了いたしました。たくさんのお申込みをありがとうございました。参加可否につきましては、10月12日(火)にご登録いただいたメールアドレスまたはFAX番号宛にお知らせいたしました。~

◆趣旨
「保育園リーダーセミナー Bコース」は、保育部会として研修実績を積み重ねてきたAコースのマネジメント要素を国基準の 15 時間を満たす様に構成しています。また現在渦中にある新型コロナウイルス感染症対応等も話題に加えていく予定です。
①保育園を取り巻く環境や保育園業務(含、経営・事務業務、新型コロナ対応等のリスク管理)、ポジティブ心理学をベースにしたリーダーの在り方、働きがいなどのマネジメントを学びます。
②ワークや講師を介した情報交換等により、同じ立場を担う者同士の共感の中で学びあいます。
③研修と研修の間で、学びを“ちょっと実践してみる”取組も用意しています。
開催要項こちらPDFファイル(339KB)です。※この研修は集合型の研修です。オンライン型ではありません。
コロナウイルスの影響に伴い、本研修がやむを得ず中止となる場合がございます。あらかじめご了承くださいますようお願い申しあげます。

◆研修日時 
〔 第1回 〕
1日目 令和3年11月17日(水) 9:50~18:50
2日目 令和3年12月15日(水) 9:50~19:20
〔 第2回 〕
1日目 令和4年1月19日(水) 9:50~18:50
2日目 令和4年2月15日(火) 9:50~19:20
※1人の受講者が2日間連続して受講頂く研修です 。

◆主催 社会福祉法人東京都社会福祉協議会 保育部会総務委員会

◆会場 東京都左官工業協同組合 貸会議室※この研修は集合型の研修です。

◆申込先及びお申込に関するお問合せ
名鉄観光サービス株式会社 MICEセンター
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビルLB階
TEL:03-3595-1121 FAX:03-3595-1119

委員募集

現在は募集をしておりません。
 

会議等ひな型

専門委員会議事録(記入用紙)ワードファイル

お問い合わせ先

部署名:福祉部児童・障害担当
TEL:03-3268-7174
FAX:03-3268-0635
E-mail:jido@tcsw.tvac.or.jp

会員ページへ

ログイン

(パスワードが必要です)

令和3年度給食担当者講習会専用ページ

保育部会

保育部会トップへ

業種別部会トップへ

ページの先頭へ