社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

新型コロナウイルス感染症の影響による休業や失業で、生活資金にお困りの方々へ

これから特例貸付のご利用を希望される方へ

「緊急小口資金(特例貸付)」「総合支援資金(初回)「総合支援資金(延長)」の詳細については、こちらをご覧ください。このリンクは別ウィンドウで開きます
*ご相談・お申込みの窓口は、お住まいの区市町村にある社会福祉協議会このリンクは別ウィンドウで開きますです。
*なお、受付は令和3年8月末までに延長になりました。

 

特例貸付の再貸付のご利用を希望される方へ

「総合支援資金(再貸付)の詳細については、こちらをご覧ください。このリンクは別ウィンドウで開きます
*ご相談・お申込みの窓口は、お住まいの区市町村にある社会福祉協議会このリンクは別ウィンドウで開きますです。
*なお、受付は令和3年8月末までに延長になりました。

 

据置期間の延長についてはこちらをご覧ください

特例貸付の償還免除についてはこちらをご覧ください


<制度の内容を知りたい方へ>
厚生労働省のコールセンター電話番号   0120-46-1999
東京都社会福祉協議会の一般向け電話番号 03-6457-5205(※お掛け間違いのないようご注意願います)
 

特例貸付に関わる不審電話やメール等にご注意ください

東京都社会福祉協議会職員を名乗る人物からの不審電話等が発生しています。
・携帯電話に「貸付が不承認になったので、他の貸付を案内する」あるいは「借用書を提出すれば他の貸付が受けられる」等の連絡が入る。
・携帯電話のショートメッセージ(SMS)に、不承認通知が入り、他の貸付を案内するURLが貼り付けられている。
・LINEに、総合支援資金の初回送金分を返金しないと2か月目以降は送金しない等の連絡が入る。

東京都社会福祉協議会では、貸付不承認となった場合、ご申請者に貸付対象外通知を郵送します。携帯電話に連絡することや、他の貸付を案内することも一切ありませんので、ご注意ください。
 

特殊詐欺にご注意ください

第三者(会社の場合もあり)から特例貸付を紹介され、借入申込みをして送金された後に、手数料(紹介料)を求められる、いわゆる特殊詐欺が発生しています。

不審な電話やSMS着信等があった場合は、お住まいの区市町村社会福祉協議会や区市町村、警察署(警察相談専用電話#9110)に相談・連絡してください。

厚生労働省 https://corona-support.mhlw.go.jp/fraudcaution/index.htmlこのリンクは別ウィンドウで開きます

 

その他(本会以外)の支援策について

「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金」の実施主体は、福祉事務所設置自治体です。
本支援金に関する当面のお問い合わせ先は、厚労省のコールセンター(0120-46-8030)です。
厚生労働省「新型コロナウイルス感染症生活困窮者自立支援金相談コールセンターを設置します」このリンクは別ウィンドウで開きます(厚労省のページに飛びます)

●新型コロナウイルス感染症に関する国や都の支援策についてはこちらこのリンクは別ウィンドウで開きますをご覧ください。

 

お探しのものはなんですか?

対象者別検索

東社協の中期計画

東社協の情報発信

福祉活動の取組み事例

福祉活動への参加

生活支援コーディネーター研修等

福祉の魅力 可視化プロジェクト特設サイト

ページの先頭へ