社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 足立区 > ひとりでも多くの子どもたちを笑顔に!~第3回クリスマス子ども食堂~

このページをプリントします

ひとりでも多くの子どもたちを笑顔に!~第3回クリスマス子ども食堂~

足立区社会福祉法人連絡会

ランチの様子

足立区社会福祉法人連絡会の地域公益活動の取組みとして、あだちサンタウォークのチャリティー寄附を財源に、遺児等のお子さまをご招待する「クリスマス子ども食堂」を区内の企業や大学、団体等と連携して開催しました。

令和元年12月19日掲載

チャリティーイベント・あだちサンタウォーク

あだちサンタウォーク実行委員会主催の第3回あだちサンタウォークが12月8日(日)に開催されました。あだちサンタウォークは、サンタの衣装を身にまとって、北千住駅周辺の商店街でスタンプラリーを楽しむチャリティーイベントで総勢401名の方にご参加いただきました。あだちサンタウォークは、2009年にスタートした「Osaka Great Santa Run(おおさかグレートサンタラン)」を参考に、2017年から開催し、チャリティーの収益は「クリスマス子ども食堂」に全額寄附されます。

※あだちサンタウォーク実行委員会は区商店街振興組合連合会、青年会議所足立区委員会、東京未来大学、足立成和信用金庫、J:COM足立、社会福祉協議会、足立区社会福祉法人連絡会の7団体の委員で構成されています。

あだちサンタウォーク
あだちサンタウォーク

 

地域公益活動・クリスマス子ども食堂

2回目に続き、より多くの方に参加していただけるよう、招待状に手書きのメッセージを添えて、90名の遺児の方に招待状を送付いたしました。招待状の作成には、東京未来大学の学生の皆さんにご協力をいただき、58名の方から参加のご連絡をいただきました。(実参加者49名)

東京未来大学の学生の皆さん
東京未来大学の学生の皆さん

クリスマス子ども食堂の運営には、7法人27名の職員のほか企業、団体から12名の方にお手伝いをいただき、パネルシアター、オセロゲーム、ラーメン体操のほか、クリスマスツリー作り、射的、バルーンアート、ビンゴ大会など、食事以外にも沢山のアクティビティをご用意いたしました。また、アクティビティ以外にも着ぐるみ(ビュー坊)や会場内外の装飾、エアーディスプレイ(会場外のエアーアーチ、会場内のサンタクロース)を設置し、夢のようなひとときを過ごしていただけるよう、雰囲気作りにも心がけました。参加者アンケートでは「毎日仕事ばかりで子供と一緒に出かける事もあまりないので、とても素敵な思い出になりました。このような素敵な会に参加させていただきありがとうございます。子供も楽しそうでずっと笑顔でしたし、私も幸せでした。プレゼント等本当にありがとうございます。」など温かいお言葉を多くお寄せいただきました。
足立区社会福祉法人連絡会では、このようなイベントを通して、ひとりでも多くの子どもたちの笑顔を増やしていけるよう、一層連携力を高め、企業や大学、団体等と一緒になって引き続き取り組んで参ります。

鑑賞・パネルシアター
鑑賞・パネルシアター
 
工作・クリスマスツリー作り
工作・クリスマスツリー作り
 
体験・射的ゲーム
体験・射的ゲーム
 

参加・ビンゴ大会
参加・ビンゴ大会

 

※実績
実績3