社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 東村山市 > 東村山市内社会福祉法人連絡会「お昼ご飯お届け事業」

このページをプリントします

東村山市内社会福祉法人連絡会「お昼ご飯お届け事業」

東村山市内社会福祉法人連絡会

令和2年8月7日に開催した「コロナ禍の地域公益活動を考える オンライン実践発表会」で発表いただいた内容を掲載します。
発表者:社会福祉法人東村山市社会福祉協議会 武者吉和氏

令和2年10月2日掲載

法人と協力して、お昼ご飯を届ける事業を開始

コロナ禍において、地域でさまざまな出来事があったと思います。東村山市も、東京オリンピックが延期にならなければ、7月14日に聖火リレーが行われる予定でした。走者は、志村けんさんでした。しかし、志村さんは新型コロナウイルス感染により、逝去されました。東村山市全体が大きなショックを受けました。

その中で、社会福祉協議会としては、コロナ禍の中で何ができるか、必要なものは何かを職員会議で話し合いました。その頃、学校が休校となり、お昼ご飯に困っている家庭が多いと報道されたこともあり、社協では、社会福祉法人の施設の協力を得られれば、地域公益事業として、お昼ご飯を届けられるのではないかと考えました。

早速、法人連絡会の幹事会メンバーの4法人に連絡したところ、おおむね了承をいただき、27法人に緊急アンケートを実施しました。発送したのが4月13日で、締め切りまでわずか2日間でしたが、そのうち7法人、12施設から協力できるという返事をいただきました。法人連絡会の代表幹事は、社会福祉法人が一歩踏み出し、地域公益活動によって地域の課題解決に取り組まなければならないと、常々発言していたため、大変な状況の中で、各法人施設も協力を表明してくれました。

5月11日から実施

実施期間は、令和2年5月11日から6月9日、参加法人は、社会福祉法人村山苑のつぼみ保育園、ふじみ保育園、小さい共同体の飛翔クラブです。

社協の役割は、広報、お弁当の配達、会計等の事務全般です。お弁当の実費は300円かかり、それを施設に支払いますが、利用者の負担額は100円として、差額の200円を社協が負担しました。

学校が休校となってから、すぐに取り組むことができず、歯がゆさもありましたが、5月の連休明けには実施すると広報しました。事業を実施するにあたり、法人連絡会の市の担当所管にも相談しました。そして、関係所管には、市の所管からも連絡してもらうなど、協力体制を構築しました。この事業の対象者は、給食がなくて困る小中学生なので、貧困などの理由は問いませんでした。ただ、実際に困っている家庭に届くように、市の生活福祉課に依頼して、チラシ等を配布しました。

利用者は15世帯27名、延べ食数は385食です。内訳は、5月(5月11日~29日、平日15日間)275食、6月(6月1日~6月9日、平日7日間)110食となっています。急なキャンセル等もあったため、5食分は社協職員が買い取り、食べました。

一日当たりの受付数は、20食です。この数が多いか少ないかという議論はあるかもしれませんが、万が一、調理する施設でコロナ感染者が出た場合、他の施設でも対応ができるように、20食限定としました。私たちも初めての取り組みだったため、開始当初の1週間は食数を絞って、15食の提供としました。市内の小学校は6月8日より、中学校は2週目以降から給食が開始されたため、事業はそこまでの期間としました。

総費用は、300円×390食=117,000円、利用者負担額100円×385食=38,500円、職員負担額300円×5食=1,500円、社協負担額200円×385食=77,000円でした。また、パチンコ店のパーラーマイニチ東村山店より、景品のお菓子の寄付があり、お弁当と一緒に配布しました。

栄養価に富んだお弁当

お弁当を紹介します。5月19日のふじみ保育園でつくったメニューは、ミルクパン・魚のパン粉焼き・マカロニサラダ・アスパラ・トマトです。とても栄養価に富んだお弁当をつくってくれました。5月21日のつぼみ保育園でつくったメニューは、ごはん・チーズハンバーグ・切り干し大根の煮物・いんげんのソテーです。5月20日の飛翔クラブでつくったメニューは、ごはん・鶏フライ・煮物です。飛翔クラブでは、利用者さんによる手描きのメニューをつけてくれました。

ふじみ保育園のメニュー、ミルクパン、魚のパン粉焼き、マカロニサラダ、アスパラ、トマト

つぼみ保育園のメニュー。ごはん、チーズハンバーグ、切り干し大根の煮物、いんげんのソテー

今後の取り組み

今回の取り組みは、20食でした。困っている家庭はもっと多かったかもしれませんが、私たちも無理をしないように、その食数としました。社協だけでは、お弁当をつくることもできず、活動もできませんが、普段から社会福祉法人のネットワークが構築されているため、緊急的な事業でも、皆さんに対応してもらえました。

今後は、コロナの影響と関係ありませんが、夏休みで給食がなく、食事に困っている家庭向けに、8月11日から21日間、お弁当を配達する予定です。