社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 稲城市 > 稲城市社会福祉法人連絡協議会

このページをプリントします

稲城市社会福祉法人連絡協議会

組織の名称

稲城市社会福祉法人連絡協議会

組織の代表者名(所属・役職)

青野 修平(社会福祉法人正夢の会 地域支援局 マルシェたま 障がい者就労支援センターなちゅーる 地域活動支援センター のーま 相談部長兼施設長)

立ち上げた日(予定日)

平成30年5月25日

事務局(部署)

稲城市社会福祉協議会(総務係)

ネットワーク組織の会員構成

法人数 13  事業所数 -
→会員対象:法人本部がある法人  会員単位:法人単位

組織の目的・方針等

稲城市内で社会福祉事業を実施する社会福祉法人が、相互に意見・情報交換を行い、共同で地域公益活動等に取り組むことを通して、稲城市における福祉の向上を図ることを目的とする。

組織構成(幹事会・部会等)

役員として会長1名、副会長1名、会計監事1名を設置し、役員会にて案件の協議を行い、総会や会員間の情報・意見交換等を行う全体会を実施する。

令和3年度の連絡会・会議等の実施状況(予定含む)

今年度の活動予定【令和3年度事業計画より】
・令和3年5月28日 役員会 ・令和3月7月9日  令和3年度総会
・令和3年10月23日 福祉のしごと 相談・面接会
その他、意見交換・情報交換会、会員法人を対象とする研修会開催予定(日程未定)

ネットワークとして実施している地域公益活動の状況(コロナ前から実施)

・「子どもの居場所づくり」を共通テーマに取り組みを行っている。平成29年度から矢野口地区で3法人共同による「やのくち子ども食堂」を実施。コロナ禍においては、弁当を配達している。
・平成31年度から百村地区で3法人共同による「子どもの居場所『くれば!』」を実施。コロナ禍において、学習支援を行っている。

→再開している

やのくち子ども食堂は、食事の提供に代わり弁当を配布している。子どもの居場所「くれば!」は、食事の提供は中止し学習支援のみ行っている。

▽「くれば!」ボランティア会議
「くれば!」ボランティア会議

情報発信の取組み

検討中

人材確保・育成の取組み

福祉のしごと相談・面接会、研修会の実施

▽福祉のしごと面接・相談会
福祉のしごと面接・相談会


情報更新日 令和3年11月