社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 狛江市 > 狛江市社会福祉法人連絡会が発足しました

このページをプリントします

狛江市社会福祉法人連絡会が発足しました

狛江市社会福祉法人連絡会

狛江市社会福祉法人連絡会発足式

狛江市内の社会福祉法人が、各法人の専門性を活かし、住民とともに地域課題の解決のため、連携して地域公益活動等に取組むことで、住みやすく安心して暮らせる地域づくりの推進に取組むことを目的として、平成30年3月に狛江市社会福祉法人連絡会が発足しました。
狛江市に事業所を置く13の社会福祉法人のうち5つの法人が参加しています。
平成30年3月22日掲載

準備会の取組み

狛江市に法人本部を置く4つの法人が集まり、平成29年7月から狛江市社会福祉法人連絡会(仮称)準備会を5回開催しました。

初回には、東京都社会福祉協議会地域福祉部の川井部長から「東京都地域公益活動推進協議会の取組みと都内の地域ネットワークの状況について」として情報提供をいただきました。

利用者等に身近な社会福祉法人だからできること

準備会では近隣住民、利用者等にとって身近な存在だからこそ日常的な福祉についての心配ごとを相談できる場として、「福祉なんでも相談(仮称)」開設を検討しています。

各法人の環境は様々なので、どのように実施するか先進地区の状況も学びながら検討していくこととしています。

社会福祉法人アンケート

準備会では、狛江市に事業所を置く13の社会福祉法人を対象に「狛江市で活動する社会福祉法人の組織化および地域公益活動アンケート」を実施しました。

8つの法人から回答いただき、準備会参加法人以外では1つの法人から連絡会への参加意向があったため、連絡会は5法人で発足することとなりました。

今後は連絡会の活動を目に見えるものにし、更にネットワークを広げていきたいと考えています。

社会福祉法人連絡会が発足

平成30年3月9日に発足総会を開催し、その後、連絡会の発足式を行いました。連絡会のメンバーは、各法人の実務者レベルの構成としたため、発足総会では、市内の法人の理事長等に報告する会としました。また、ご来賓の狛江市福祉保健部長から期待の言葉をいただきました。

発足式の様子
発足式の様子

狛江市社会福祉法人連絡会発足式
狛江市社会福祉法人連絡会発足式