社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 立川市 > 全体研修 「若者や障害のある方等の就労支援を視野に入れた参加支援(職場体験・地域活動)に関する研修会

このページをプリントします

全体研修 「若者や障害のある方等の就労支援を視野に入れた参加支援(職場体験・地域活動)に関する研修会

立川市社会福祉法人地域貢献活動推進ネットワーク (通称:ふくしネットたちかわ)

2019年度の活動振り返りの際、社会福祉法人が地域貢献活動の一環として行う「引きこもりの若者や障害のある方の職場体験や職業体験」について、可能性があるのではと意見が挙げられました。2020年度、コロナ禍に見舞われながらも、アンケート調査による各法人の現状把握などを通して、継続可能な活動・方法を模索し、オンラインと会場のハイブリット開催という形で、上記取組みの具体化に向けた研修「若者や障害のある方等の就労支援を視野に入れた参加支援(職場体験・地域活動)に関する研修会」を開催しました。

令和3年3月29日掲載

研修内容

去る2021年2月4日(木)、コロナ禍に見舞われながらも、オンライン参加/会場参加のハイブリット開催という形で、2020年度全体研修を開催しました。市内11法人29名が参加し、社会福祉法人が行う「若者や障害のある方の参加支援(職場体験・地域活動)」の在り方について、その可能性を検討しました。
当日は、市内で若者や障害のある方への就労支援を行う2つの団体を講師に招き、次のような内容でご講演いただきました。

講師:認定特定非営利活動法人「育て上げネット」:井村良英氏より
・引きこもりの若者の現状
・「参加支援」の受け入れに向けた準備・流れ
・コロナ禍における「参加支援」の参考事例紹介

講師:立川市障害者就労支援センターはたらこ:白部貴子氏より
・障害のある方への就労支援の概要・現状
・就労支援事業所の基本的な考え方、役割、支援の流れ
・職場体験・実習の意義
・市内法人との実践例紹介

グループワークで挙がった意見(一部編集・抜粋)

ご講演の後、高齢、障害、保育・児童、それぞれの分野でグループに分かれ、各法人で始められそうな取組みのアイディア出しを行いました。各法人のコロナ禍の現状・課題、講演の感想のほか、下記のような今後の取組みに関する意見交換がされました。

・職員の周辺業務の切り出しを行うことが、障害者雇用の機会づくりにつながると思う。
・(今後の活動のアイディアとして)ネットワークで活動先(内容)リストができるとマッチングできそう。
・参加支援はお互いが喜びを感じられるものがベース。交流を持ち続けることが大切なのではないか。
・受け入れ側の「来てもらえてうれしい」と、活動者の「行ったら役に立てた」のWin-Winの関係を目指したい。
・オンラインの活用と直接的な交流、どちらかに偏ることがないようにしていくことが大切だと思う。

 

業態、領域の異なる市内法人がアイディアを出しあえば、コロナ禍にあっても「何か形にできそうだ」という期待と、手応えを感じることができました。2021年度は地域での実践につなげるべく、具体的な方針・方法の検討、準備を進めています。