社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 中野区 > 「中野つながるフードパントリー」 ~「食」の支援をきっかけにつながる地域へ~

このページをプリントします

「中野つながるフードパントリー」 ~「食」の支援をきっかけにつながる地域へ~

中野区内社会福祉法人等連絡会

概要 画像

新型コロナウィルス感染拡大の影響により、失業や収入減になり生活困窮の状況にある方が増える中、休校や自粛要請により子どもたちの生活にも大きな影響が及んでいることを受け、中野区内で活動する子ども食堂や学習支援団体、民生児童委員や地域住民をはじめ関係機関と連携し、区内の「食」に困っている子育て世帯を対象に食料品等の提供を実施しました。

令和3年4月28日掲載

日時:第1回 2020年12月12日(土)14:00~16:00、第2回2021年3月6日(土)14:00~16:00

内容:区内の児童館を会場に各回100世帯分の食料品等を配布。中野区内社会福祉法人等連絡会では、加入している事業所に呼びかけ食料品等の提供、事前準備(食品の仕分け作業等)、当日の運営(会場設営、食品等のお渡し等)など一丸となって行いました。

当日の様子

食品等を受け取った方からは、「コロナ禍で収入が減少し、子どもにも我慢させることが多かったですが、食料品の袋を子どもと一緒にワクワクしながら開けました」「たくさんの食料品をいただけて、助かりました。スタッフの皆さんの温かな対応もうれしかったです」などのメッセージもいただきました。

手紙

参加した加入事業所からは「普段、地域の方と話す機会がないので、参加して良かった」「食料品を直接お渡しができる機会に参加できて、やりがいを感じた」など、高齢、児童、障害等分野を超えて知り合いができると日常でも相談や連携がとりやすくなるという声もありました。
協働事業を通じて、中野区の地域課題解決に向けた取り組むために、これからも地域に向けた情報発信や地域共生社会を目指して、共に取り組んでいきたいと思います。

当日の様子2