社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 中野区 > 区民に向けた区内社会福祉法人の「社会資源情報カード」のを作成

このページをプリントします

区民に向けた区内社会福祉法人の「社会資源情報カード」のを作成

中野区内社会福祉法人情報交換会

区内社会福祉法人が運営を行う福祉施設で提供できる物品・スペース・人材を一覧化し、町会・自治会、民生児童委員・関係機関に提供しました

区内社会福祉法人情報交換会を通じて呼びかけを実施

区内社会福祉法人の情報交換会の中から、地域とつながるきっかけとして、福祉施設で提供できる資源を一覧化し情報提供をしようという提案がありましたった。すでに貸出しをしている施設もあっりましたが、なかなか地域の人に知ってもらう機会がないという声もあり、一覧化をすることで合意。、社協が事務局となり取りまとめを行いました。った。

 

「社会資源情報カード」を通じた連携

そして、区内16法人32施設の協力により「社会資源情報カード」を作成。、それぞれの施設が地域に貸し出せるものをまとめました。内容は、施設の特色をいかしたものになり、区民に提供することを目的に作成しましたが、施設同士の連携やお互いの施設の特色を知るツールにもなっりました。

 

今後の取組み

「社会資源情報カード」を作成したことにより、地域へ提供できることや物が見える化することができました。今後も、随時更新しながら地域に拡げていき、地域と施設をつなぐツールとしていきたいと思いますく。記事内容