社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 新宿区 > 新宿区内社会福祉法人連絡会

このページをプリントします

新宿区内社会福祉法人連絡会

組織の名称

新宿区内社会福祉法人連絡会

組織の代表者名(所属・役職)

代表幹事 今井康之(新宿区障害者福祉協会 専務理事)

立ち上げた日(予定日)

平成29年9月1日

 事務局(部署)

新宿区社会福祉協議会法人経営課

ネットワーク組織の会員構成

法人数 27   事業所数 17

会員のしくみ

会員のしくみ:法人本部がある法人及び事業所がある法人
会員の単位:法人または事業所

組織の目的・方針等

区内社会福祉法人の情報交換・共有と相互支援が行える関係づくりをすすめるとともに、地域の課題やニーズに対し、連携・協働による公益的な取り組みを実践する。

組織構成(幹事会・部会等)

連絡会(27法人/17事業所)、幹事会(7法人)

連絡会・会議等の状況

幹事会で連絡会の運営の方向性や活動等を検討し、連絡会全体会で承認の上、活動をすすめている。 令和元年度は、会則の一部変更により会員数の増強(15⇒45)、メーリングリストや会員向けハンドブックの作成等の組織・基盤の強化を図るとともに、区内企業(CSR)との情報交換、各種行事等への参加等を行った。令和2年度 (8月現在)は、新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、連絡会の活動はメーリングリストによる情報発信等行っていたが、今後はオンライン会議等、現況を踏まえた手法により、活動を再開していく予定である。

地域公益活動の取組み

企業研修実施への協力や、令和元年度から活動が始まったフードドライブ等、各会員に負担のない範囲で、地域や社会資源の状況を踏まえた取り組みをすすめていく。

情報発信の取組み

連絡会事務局の法人連絡会会員一覧のページに各法人のアドレスのリンクを張るとともに、互いのSNSで情報をシェア・拡散していく。

人材確保・育成の取組み

人材の確保・育成・定着については、各法人の共通課題であることから、令和元年度に講話(法制度動向/人材対策等)とグループ討議を行った。今後も引き続き、連絡会での重点テーマとして取り組んでいく。

情報更新 令和2年10月