社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 豊島区 > 「福祉なんでも相談窓口」~みなさんの暮らしを応援します!!~

このページをプリントします

「福祉なんでも相談窓口」~みなさんの暮らしを応援します!!~

社会福祉法人豊島区民社会福祉協議会

豊島区内にある26の社会福祉法人が、共同で平成29年4月より無料相談事業を開始しました(30年度は25法人45施設)。豊島区民社会福祉協議会もこの相談窓口を設置し、社協のコミュニティソーシャルワーカー(CSW)もこの相談窓口事業に協力しています。

平成30年3月11日掲載

平成30年度 地域ネットワーク推進のための助成申請地区

豊島区社会福祉法人ネットワーク会議

・豊島区では平成23年3月に立上げ、定期的に区内法人の情報交換会を行ってきました。

・平成26年12月から「社会福祉法人の連携による社会貢献事業」について情報共有及び検討開始。

・平成27年度に各法人に、地域貢献事業に関するアンケート調査を行いました。

・平成28年度はプロジェクトチームを立ち上げ、豊島区の法人が連携して各事業所に相談窓口を設置する案を検討し、12月の第2回豊島区社会福祉法人ネットワーク会議で承認されました。3月には29年度の事業開始に向けて事前説明会の開催や看板の設置を行いました。

「福祉なんでも相談窓口事業」開始!!

・平成29年4月より豊島区内にある26法人の45施設(準備中は除く)で共通の看板を設置し、無料の相談事業「福祉なんでも相談窓口」を開始しました。社協のCSWも事業に協力しています。7月には準備中だった事業所も加わり、46施設の窓口となりました。

運営方針

〇社会福祉法に基づく無料の地域公益活動とし、地域福祉の向上に努めます。

〇どなたでも気軽に立ち寄れる総合窓口を目指します。

〇相談は原則として断りません。どなたのご相談にも応じます。

〇区内の社会福祉法人が全体で相談・課題を共有し、豊かな地域づくりを目指します。

 

平成29年度の活動と実績

・5月と2月に豊島区社会福祉法人ネットワーク会議を行いました。

・社協のコミュニティソーシャルワーカー(CSW)が8圏域でそれぞれ窓口相談担当者会(地区連絡会)を2回開催し、35件の報告がありました。内容は、延件数として、介護に関するものが13件と最も多く、次いで子育て7件、収入・生活費7件、病気や健康、障害6件、住まい5件、家族3件、DV・虐待1件その他7件となりました。ダブルケアなど複数の課題を抱える相談もありました。

・各法人からは、もっとPRをすべきとの声や、法人間の連携の仕方などについての意見が出ました。また地域貢献や地域交流、地域課題についての意見交換も行いました。

 

平成30年度上半期の活動と実績

・相談窓口に入れ替わりがあり、25法人45施設での実施となりました。

・7月に豊島区社会福祉法人ネットワーク会議を行いました。3月にも実施予定。

・平成30年度版リーフレットを作成し、関係部署、施設事業所、としまスポーツまつり、ふくし健康まつりで区民に配布した他、129町会での回覧も行いました。

・CSWによる地区連絡会(8圏域)を4~6月と11~12月に開催。平成30年度上半期の相談実績は8件

でした。内、延件数として病気や健康、障害3件、住まい2件、収入・生活費1件、子育て1件、その他2件となりました。

リーフレット表PDFファイル(342KB) 

リーフレット中身PDFファイル(1222KB)

リーフレット裏PDFファイル(563KB)

 

地区連絡会での意見

・「どんなことでも相談していいんだよ」というメッセージを届けたい。

・分野が違う事業所も顔と顔がつながることでお互いプラスになることがあると思う。

・豊島区からもPRしてもらうとよいのではないか。

・窓口としてただ待っているだけではなく、アウトリーチ的に地域に出て認知度を上げた方が良いのではないか。

・大きな問題ではなくても、不安や困りごとをこぼせる場があるとよい。

・子どもが保育園にいるうちにセーフティネットを広げ、困りごとなく育ってもらいたい。

・カフェやサロンなど人が集まるところに足を運び、PRや相談に応じるなどのアプローチが必要では。

・雑談の中から相談につながり、そこに専門職が入ることで解決につながるかもしれない。

・外国人世帯のコミュニケーションへの対応を手厚くする必要がある。外国人留学生の協力を得られないか。

・今まで各施設で相談を行ってきた。件数が少なくても、今まで通りやっていけばいいと思う。

・民生委員は地域の情報をたくさん持っているため、連携できれば件数も増えるのではないか。

それぞれの施設・事業所が従来から相談業務を行っているため、どれが「福祉なんでも相談窓口」の対象か?という判別が難しく、件数が少なくなってしまった経緯があります。

それでも「看板を見てきた」という方もおられるようで、ほんの一部ですがそれぞれの窓口担当者からは、上記のような貴重なご意見をいただくことが出来ました。これらをもとにさらにPRを強化し、地域住民との橋渡しや協働できる環境づくりを行います。

 

地区連絡会の様子