社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 各法人の取組み事例の紹介 > 地域教室~地域交流の拠点として~

このページをプリントします

地域教室~地域交流の拠点として~

社会福祉法人徳心会 特別養護老人ホームあゆみえん

平成28年8月に市街地に移転し、施設内に地域交流スペースを設けました。地域交流の拠点として平成29年度より地域交流教室を行うなどの社会交流や地域にお住いの方の生きがい作りのきっかけとなる取組みを行っています。

平成30年8月10日掲載

~地域交流教室の実施にあたり~

社会福祉法人徳心会 特別養護老人ホームあゆみえんは、平成28年8月に青梅市の山間部の成木地区より市街地である現在の新町地区に移転をしました。

移転後は地域での認知度も上がってきましたが、実際には施設内のことが見えにくい状況であり、近隣住民との交流が図れず来園者も少ない状況でした。そのため平成29年度より地域交流委員会を立ち上げ、地域交流事業を開始しました。

1年間の活動を通じ、施設への認知度は上がってきましたが、地域の介護施設に関わりのない方達には馴染みがなく、なかなか施設に来て頂く環境は作れませんでした。そのため現在は継続的に体験教室や観劇を実施し、地域交流を行っています。

~地域教室の実施~

1年間実施したところ、実際に教室に参加された方の年齢は、40代~60代のこれから介護に興味のある方の来園が主でした。ヨガ教室、デコパージュ教室などを計画し、たくさんの地域の方に足を運んで頂くことが出来ました。

また11月には人形劇団をお招きして人形劇を開催しました。あゆみえんに併設されている小規模保育園を利用されている園児と保護者、そして地域の子育てをしている方が集まり楽しい時間を過ごしていただくことが出来ました。

 

                      人形劇の様子

~取り組みの成果~

昨年1年間で約150人の方の来園がありました。体験教室の参加後、高齢施設の見学希望があり、相談員が同行し丁寧に説明しながらの施設見学も行われました。

今後も体験教室や観劇などを通じて施設を知って頂き、様々な形で地域の力を活用しながら、開かれた施設としてより多くの方に来園いただけるよう工夫していきたいと思っています。