社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 各法人の取組み事例の紹介 > 憩いの場として『認知症カフェ』

このページをプリントします

憩いの場として『認知症カフェ』

社会福祉法人  徳心会  いずみえん

いずみえんでは障害者支援施設の利用者の就労として喫茶活動を行っております。当初は高齢の利用者や面会に来られた方に利用していただきましたが、介護教室等を実施していくことで、地域の方にも利用いただいております。今年カフェスペースをリニューアルしました。多くの方に利用いただけるよう取組んでいます。

平成30年10月10日掲載

いずみえんでは、地域包括支援センターと共催で『認知症カフェ さくらの会』を第2水曜日に毎月開催しています。近隣にお住まいの20名程度の方に、毎回参加いただいています。

 

会 場 : 矢口3丁目1番5号 いずみえん

日 時 : 毎月 第2水曜日 午前10時~12時

参加費 : 200円

申込み : 事前連絡

 

認知症カフェの様子

 

今年度の認知症カフェでは、講師に認知症予防指導士の堀氏にお越しいただき、脳活性化ゲームを行いながら、交流を深めています。

本来、認知症カフェは地域の方や専門職と相互に情報を共有し、お互いに理解し合う場所として活動を行いますが、当施設では参加者同士の会話や、外部講師の講話、専門職への相談、認知症予防・改善のための体操プログラムなどを「お茶を楽しみながら」受けられます。

各地域で活発に行っている認知症カフェですが、当施設の地域においても施設が憩いの場として親しまれるよう、今後も取組んでいきたいと思います。