社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 各法人の取組み事例の紹介 > コミュニティカフェふきのとうの設置

このページをプリントします

コミュニティカフェふきのとうの設置

社会福祉法人 ふきのとうの会

月曜から金曜日まで、地域の方がコミュニティ活動をできるようにスペースを提供し、地域ニーズに応じて住民自身による活動メニューをコーディネートして提供しています。また、希望者にはランチを400円にて提供しています。

地域の連携を目指して様々な活動を展開

地域の居場所づくりが必要であると考えていたので、ちょっとした居場所づくりに4年前より取り組んでいます。年に1回、ふきのとうバザーを開催し、子どもたちの遊びコーナー、都市農家の産直コーナー、法人の活動広報のコーナーなどを設けることで、法人や施設への地域理解と地域住民との連携が進むことに期待がもたれると考えています。バザーは各回100~150名程度の地域住民や機関が参加しています。