社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 業種別部会 > 就職希望者に向けた児童養護施設見学会&学習会

就職希望者に向けた児童養護施設見学会&学習会

東社協児童部会主催「就職希望者に向けた児童養護施設見学会&学習会」として、平成29年3月2日(木)に小平市の児童養護施設「二葉むさしが丘学園」で開催された様子をご紹介します。

施設内を回って見学する参加者の様子

この見学会は、児童養護施設のことをもっと知っていただくため、大学や専門学校の学生・先生、児童養護施設への就職を希望する社会人の方に向けた、東社協児童部会の主催による企画です。昨年度初めて都内2施設で見学会を開催したところ、大変好評だったことから、今年度は乳児部会と合同で、児童養護施設4施設、乳児院2施設で実施することとなりました。

「二葉むさしが丘学園」での見学会&学習会には約30名が参加し、児童養護施設の現状や当学園についての説明後、施設職員の方の案内で、実際に子どもたちが生活する寮や体育館などの設備を見て回りました。今年1月に全棟の改築が終了したばかりの新しい建物は、個室を中心とした子どもたちの部屋やオープンキッチンが設けられ、庭にはボール遊びができる壁当てがある等、職員の方の意見が反映された造りになっています。寮内の職員室はオートロックで、情報管理にも配慮されていました。また、今年度から児童相談所より委託を受け、一時保護所として使用している寮も見学させていただきました。

見学者に挨拶する黒田施設長

施設内リビングの様子。見学者と説明する職員

参加者からは、「掃除や洗濯は子どもが自分でやっているのか」「寮内のルールはどうやって決めるのか」といった子どもの生活のことや、防災・災害時の対応のほか、児童養護施設で働こうと思ったきっかけについて等の質問が出され、実際の出来事や経験を交えて、丁寧に答えていただきました。

寮のリビングで職員に質問をする大学生

本見学会は「学習会」として、教科書やドラマで知ったイメージと今の児童養護施設の違いや東京都独自の取組みを、実際に見て学ぶ場としても想定しています。参加した学生は、初めての児童養護施設への訪問に緊張した面持ちながらも、さまざまな感想を抱く時間になった様子でした。

業種別部会

ページの先頭へ