社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 世田谷区 > 世田谷区社会福祉法人地域公益活動協議会全体協議会・研修会

このページをプリントします

世田谷区社会福祉法人地域公益活動協議会全体協議会・研修会

世田谷区社会福祉法人地域公益活動協議会

全体協議会の様子

世田谷区では、平成28年6月に世田谷区社会福祉法人地域公益活動協議会を発足しました。世田谷区内の社会福祉法人が連携を図り、地域公益活動の取組みを検討・実施していくことを目的としています。
平成30年3月15日掲載

地域公益活動実施に向けた研修会

世田谷区内に本部のある高齢・障がい・子ども分野の36法人286事業が会員となり、法人連携による地域公益活動実施にむけ、取組みを協議検討しています。

29年度においては、全体協議会や企画委員会を開催し、全体協議会では行政担当者より「地域包括ケアにおける資源開発」について改めて確認をしました。また、協議会として世田谷区社会福祉協議会が取組んでいる地域資源開発と2層協議体への参加を提案しました。

そして、研修会では他区で先進的に地域公益活動をおこなっている法人をお招きし、現在の取組み状況や課題などの事例を発表いただき、地域の複数施設でどのように展開していくか、具体的な取組みについて学びました。

グループワークでは、5地域(世田谷・北沢・玉川・砧・烏山)に分かれ、分野の違う法人が施設紹介や課題、また、地域において法人連携による活動をどのように取組んでいくかについて話し合いました。

今後、世田谷区社会福祉法人地域公益活動協議会の施設・事業所の活動が、地域の方々へ届けられるよう引き続き、協議会員の様々な意見を考慮して取り組んでいきます。

研修会の様子
研修会の様子

グループワークの様子
グループワークの様子