社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 各法人の取組み事例の紹介 > いきいき体操クラブ~住み慣れた地域での生活を継続するために~

このページをプリントします

いきいき体操クラブ~住み慣れた地域での生活を継続するために~

社会福祉法人 徳心会 さくらえん

近隣の大規模集合住宅の高齢化率が深刻化している中、地域住民からの声を聞き取り介護予防を目的とした体操クラブを実施しています。
平成30年5月9日掲載

~始まった経緯~

1月にご紹介した、地域サロン開催から「地域の高齢者の皆さんに、外出の機会を増やしつつ健康の維持をして頂けるような場を作りたい」と考えていました。そんな折、地域活動を行っている関係者の方とのお話の中で、「現在市内で開催されている地域健康クラブなどは、定員を超えるほどのニーズがある。そのような場をもっと増やせたら。」ということを伺ったことに合わせ、地域の方から、「私も体操クラブに入りたかったのよ」という声を聞き、その話がきっかけとなり、この「いきいき体操クラブ」を開催することになりました。

~実施詳細~

毎月第三金曜日に機能訓練指導員が講師となり、施設内の地域交流スペースにて体操教室を開催しています。参加費は無料で、地域に住む概ね60歳以上かつご自身で歩いて来園できる方が対象です。汗拭きタオルと飲み物の用意をお願いしています。椅子に座りながら行う運動を中心におよそ60分間全身を動かします。

<体操メニュー例>

1 全身の準備運動

2 呼吸に使う筋肉を鍛える運動

3 肩こりの改善や予防を目的にした運動

4 安定して歩くために必要な筋肉を鍛える運動

5 音楽に合わせた運動

6 瞑想

~実施の状況~

1回の参加者は10~20名ほどです。体操後の時間には、地域サロンで食事を召し上がり、体を動かす楽しみを感じて頂くことと併せて地域交流の場としても利用して頂いています。お食事中のお話に耳を傾けると「○○先生の体操はキツイ」とお話しされながらも、どこか楽しそうに交流をされています。