社会福祉法人の使命に基づき、地域における福祉課題の解決に向けて、3層による地域公益活動を推進します。

東京都地域公益活動推進協議会

ホーム > 地域の連携による取組み > 中央区

中央区

中央区ネットワーク組織

中央区社会福祉法人連絡会

真心のこもった「おたより」がつながりを紡ぐ ~おたよりでつなぐ“まごころ”プロジェクト~

中央区社会福祉法人連絡会

コロナ禍で、例年実施している「福祉体験合宿」と「ボッチャ体験&福祉ちょこっと相談会」を令和2年度より中止しておりますが、新たな取り組みとして、今年度は「おたよりでつなぐ“まごころ”プロジェクト」を実施することとなりました。

令和4年5月19日掲載

詳しくはこちら

コロナ禍における法人のネットワーク

中央区社会福祉法人連絡会

中央区社会福祉法人連絡会では、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、例年実施している、「福祉体験合宿」と「ボッチャ体験&福祉相談会」の2つの取り組みを中止することとなりましたが、各法人における状況や地域のニーズなどについて情報交換し、新たな取り組みを模索しています。

令和3年3月23日掲載

詳しくはこちら

地域づくりの輪を住民とともに

ボッチャミニ体験コーナー

中央区社会福祉法人連絡会

中央区社会福祉法人連絡会では、3回目となる「ボッチャ体験&福祉ちょこっと相談会」を実施しました。年齢や障害のあるなしに関わらず、さまざまな人が同じ空間で素晴らしい体験を共有するこのイベントでは、同時に法人職員による相談会を実施し、区内の社会福祉法人や施設について知ってもらう機会を提供しています。

令和2年3月31日掲載

詳しくはこちら

地域でさまざまな人が一緒に楽しみ、心で感じる機会を~「ボッチャ体験&福祉相談会」「福祉体験合宿」~

連絡会メンバー

中央区社会福祉法人連絡会

福祉広報(令和元年5月号)に中央区社会福祉法人連絡会の活動が掲載されました。

令和元年5月8日掲載

詳しくはこちら

取組みを通して見えてきた「つながり」の必要性

中央区社会福祉法人連絡会

中央区社会福祉法人連絡会では、2つの取り組みを実施しています。子どもに福祉の職場体験の場を提供し、将来の福祉人材・担い手の育成を図るとともに、家族ぐるみで地域福祉への理解を促進することを目的とする「福祉体験合宿」と、高齢者、障害者、児童など地域の様々な人々が交流できるイベントを行うとともに、法人職員による福祉相談会を実施し、区内の社会福祉法人や施設について知ってもらう機会を提供するための「ボッチャ体験&福祉ちょこっと相談会」を通して、地域におけるつながりを生み出す様々な場の可能性を見出しています。

平成31年3月6日掲載

詳しくはこちら

2つの新たな取組みの実施

中央区社会福祉法人連絡会

「福祉体験合宿」「ボッチャ体験&福祉相談会」という、参加法人の特色を生かした2つの取組みを実施しました。

平成30年4月23日掲載

詳しくはこちら

分野を越えた新たな連携のスタイル

中央区社会福祉法人連絡会

それぞれの法人の持つ強みを生かし2つの取り組み実施に向けて連携することで、お互いの理解促進につながり、地域への新たな貢献の形が生まれました。

平成30年3月12日掲載

詳しくはこちら

地域ネットワークおよび連携事業の検討状況や実施状況「分野を越えた連携体制をめざして」(中央区)

第1回連絡会の様子

中央区社会福祉法人連絡会(中央区)

中央区内には現在16の社会福祉法人の事業所および事務所があり、分野を越えた連携をしていこうと地域ネットワークの取組みを進めています。平成28年度は、法人同士の関係形成や課題把握のため、連絡会を開催し、地域公益活動の理解を深めたり、アンケート調査の結果から希望の多かった高齢と児童の分野にテーマを設定し情報交換を行う等、顔の見える関係づくりを進めました。

平成29年3月13日掲載

詳しくはこちら