社会福祉の課題の解決や福祉サービス向上などを目的として幅広い活動を行っています

災害関連情報

MENU

ホーム > 社会福祉法人経営力強化事業 > 6.参考事例の紹介

6.参考事例の紹介

(1)地域における公益的な取組の例

平成28年改正社会福祉法において、社会福祉法人の公益性・非営利性を踏まえ、法人の本旨から導かれる本来の役割を明確化するため、「地域における公益的な取組」の実施に関する責務規定が創設されました。(社会福祉法第24条第2項)

(2)業務改善事例

社会福祉法人が、就業規則の変更や経営の改善等により、業務改善を図った具体的な事例を、改善のポイントなどを交え、紹介します。

事例1

就業規則の改正を、研修とセットで行うことで、職員全員が改正内容を理解(平成29年8月31日掲載)

事例2

職員の要望を汲んだ就業規則の作成(平成29年10月1日掲載)

事例3

複数の施設を有する法人における効率的な固定資産管理(平成29年10月1日掲載)

事例4

職員がモチベーションを高く維持できるように、各種規程を改善・周知する(平成29年11月1日掲載)

事例5

専門家(公認会計士、社会保険労務士)と連携した、労働環境の改善と経営改善の取り組み(平成29年12月1日掲載)

事例6

法人が目指す理念に向かった職員の能力向上(平成30年1月4日掲載)

事例7

労務管理や雇用管理の適正化を図り、諸規程の整備で経営管理改善(平成30年1月12日掲載)

事例8

「みんなで創って みんなで育てる」ための働きやすい制度設計(平成30年1月22日掲載)

事例9

運営施設の複数化に伴う運営体制の整備(平成30年2月20日掲載)

事例10

キャリアパスの更なる整備に向けて(平成30年2月20日掲載)

事例11

よりよいサービスにつながる就業規則の改定(平成30年2月22日掲載)

事例12

定年後の再雇用に関する制度の構築(平成30年3月13日掲載)NEW

 

ページの先頭へ